人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『レッドソニア』

最近「コナン・ザ・グレート」「キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2」を見直したので、第3弾というか番外編というかのこの作品も再鑑賞。

女王ゲドレンによって故郷の村を焼かれ、両親と兄が殺害され、姉が護るタリズマンの秘宝は奪われ、自らは兵士たちによって肉体を凌辱されたソニアが、剣の修行を積んで自らの身体を鍛え、復讐のために立ち上がる。

――ならば話はスッキリとするんだけど、実際は両親と兄を失いその身を穢された後で剣の修行をし、最強の戦士となった後で再びゲドレンが現れ、秘宝は奪われ姉は殺され……なので少々ややこしい。
最初見た時は、このあたりの時系列をきちんと理解していなかった気がする。

『レッドソニア』_e0033570_22350807.jpgもっともそこら辺の経緯が前後しようが、大筋において問題ない。家族の復讐に燃える女戦士が、世界を滅ぼしかねないパワーを持った秘宝を追い求める、という基本ストーリーに支障はない。

今は”強面の女”のイメージが強いブリジット・ニールセンだが、この頃は強がって見せてるキャラクターのイメージと相まって、まだまだ可愛らしい。

アクション女優としての素質はまだまだ未知数だったが、その肉体美は超古代の女戦士として説得力のあるものだったし、スキャンダラスなイメージが先行しなければ、もっとB級やC級でないSFやファンタジー、アクション映画などにも活躍の場があったのかもしれない。

<過去記事>



by odin2099 | 2020-06-17 22:41 |  映画感想<ラ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31