人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『007/リビング・デイライツ』

イオンプロ製作の<ジェームズ・ボンド>シリーズ15作目。
長らく”女王陛下のスパイ”を務めたロジャー・ムーアに代わり、ティモシー・ダルトンが4代目を襲名。
ダンディで渋い”大人なボンド”で、パッと見はムーアより年上に感じるほど落ち着いた物腰だ。
甘いマスクで余裕綽々なムーア=ボンドも良いのだが、眼光鋭く危険な香りを漂わせるダルトン=ボンドも捨てがたい。

『007/リビング・デイライツ』_e0033570_21501249.jpg本作のボンドアクトレスはマリアム・ダボ
マネーペニーを除くとボンドと絡む賑やかし的な女性もいないため(フェリックス・ライターの部下のCIAの女性エージェントがチラッと出てくるだけ)、彼女の存在感は際立っているし、グラマラスなボディでセクシーさを売りにしているのではない、清純派の知的な美女という役どころも異彩を放っている。
従妹のオリヴィア・ダボ共々気になる存在だ。

このシリーズ、今回はずっとBlu-ray搭載の新録吹替版で楽しんでいるのだが、ティモシー・ダルトンに大塚芳忠というのは微妙。
ジョージ・レイゼンビーに小杉十郎太というのも違和感ありありだったが(勿論ショーン・コネリーは若山弦蔵、ロジャー・ムーアは広川太一郎である)、そういやダルトンの吹替ってFIXがいなかったっけ。
「007」に限定しても他に小川真司、鈴置洋孝、津嘉山正種、田中秀幸、山寺宏一、谷口節が演じているようで、いずれも決定打に欠けるようだ。

<過去記事>



by odin2099 | 2020-07-03 21:55 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31