人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ダーク・マテリアルズⅠ/ライラと黄金の羅針盤』1

フィリップ・プルマンの小説<ライラの冒険>は、「黄金の羅針盤」「神秘の短剣」「琥珀の望遠鏡」からなる三部作。
かって第一部が「ライラの冒険/黄金の羅針盤」として映画化されたものの、思うような成績が残せずに続編の製作は頓挫してしまったが、今度は米HBOと英BBCが共同でドラマ化。
全8話の第1シーズンに続いて放送前から第2シーズンの製作も決まり、今度こそ三部作全ての映像化が期待されている。

『ダーク・マテリアルズⅠ/ライラと黄金の羅針盤』1_e0033570_22083659.jpgそのドラマがやっとDVDレンタルで見られるようになったので、早速鑑賞。
VOL.1はEPISODE1「ジョーダン学寮」とEPISODE2「北方の計画」を収録。
第1話はライラが学寮長から真理計を託され、謎の美女コールター夫人と旅立つまで。
第2話はそのコールター夫人と暮らすようになったライラが、彼女の秘密を知って逃げ出すまでを描いている。

当然のことながら映画よりも時間に余裕があるため世界観の説明が丁寧になり、より作品世界へ入り込みやすくなった。
それでもまだわかりにくいという声もあるようだが、それらはいずれ作品中で語られるだろうし、そもそも原作小説でも最初から懇切丁寧に説明されていたわけではないので問題はないだろう。

ヴィジュアル・イメージは映画版に近く、原作のイメージを損なってもいないので、自分のように映画版の続きを待っていた人にも今のところ違和感は少ないと思う。
「LOGAN/ローガン」で印象的だったダフネ・キーンのライラ、原作ファンだというジェームズ・マカヴォイのアスリエル卿いずれもそれっぽいのだが(アスリエル卿はややエキセントリックすぎる嫌いはあるが)、ただコールター夫人役のルース・ウィルソンだけは最初から悪女に見えてしまうのがややマイナスポイント。
そこはやはり映画版のニコール・キッドマンがはまり役すぎた。

ともあれ十分に期待に応えてくれた1話と2話だったので、残り6エピソードも見るのが楽しみ。




by odin2099 | 2020-07-16 22:13 | テレビ | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30