人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『モータル・コンバット』(1995)

謎の男シャン・ツンに弟を殺されたリュウ・カンは復讐を誓い、伝説の雷神ライデンの助言で孤島で開催されるシャン・ツン主催の武術大会に出場を決める。
その島には今以上の名声を求めたハリウッドのアクションスターのジョニー・ケイジや、相棒を殺した犯罪組織の幹部を追って女捜査官のソニア・ブレイドもやってきた。
3人の前に現れたライデンは、この大会が人間界と魔界との覇権をかけた”モータル・コンバット”で、彼らは選ばれた戦士なのだと語る。

『モータル・コンバット』(1995)_e0033570_06532926.jpg人気格闘ゲームの映画化で、監督はポール・W・S・アンダーソン
この人は『バイオハザード』『モンスターハンター』を監督したり、『DOA/デッド・オア・アライブ』をプロデュースしたりと、よっぽどゲームがお好きらしい。

リュウ・カン役はロビン・ショウ、ジョニー・ケイジはリンデン・アシュビー、ソニア・ブレイドでブリジット・ウィルソン、魔界の王の養女にされた謎の女キタナ役でタリサ・ソト、更にシャン・ツンとしてケイリー=ヒロユキ・タガワ、そしてライデン役でクリストファー・ランバートが出演。

B級映画好きにはクリストファー・ランバートとケイリー=ヒロユキ・タガワが顔を揃えているのが嬉しいだろうが、『007/消されたライセンス』のボンドガール、タリサ・ソトが出ていることも見逃せない。
といっても全然雰囲気が違うので、言われなければ気づかないかも。

タリサ・ソトを除けば最初から最後まで出ずっぱりの紅一点ブリジット・ウィルソンは、『ラスト・アクション・ヒーロー』でシュワちゃんの娘を演じていた人。
些かゴツイ気がしないでもないけど、キリっとした表情が魅力的。
格闘シーンではタンクトップ姿だったが、もう少しセクシーさが出てれば良かったなあ、とも思う。
この手のB級アクション映画にありがちなお色気要素が、この作品には殆どないのが惜しい。

お話の背景はかなり壮大なはずなのだが、やってることは格闘技戦。
もちろん負ければ即”死”が待っているという過酷なものだが、トーナメント式の試合なので一勝負終わればインターバルがある。
役者本人が殆どスタントを使わずにアクションシーンをこなしているのは好評価だが、主人公たちがこの大会の意味を考えたり謎解きに奔走するシーンも多いので、全体的に展開が遅く盛り上がりに欠ける。
しかも要所要所に出てきて手助けするライデンだが、最初から彼一人で何とかなったんじゃないの?という疑念は最後まで付きまとった。
またクリストファー・ランバートが怪しさ全開だし。

映画の出来についてはあまり芳しくない評が目立つものの、ヒットしたのでシリーズ化され、今またリメイク企画が始動中。
来年には公開予定だとか。


by odin2099 | 2020-10-29 06:59 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31