人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『キャプテン・マーベル』

<MCU>の21作目でフェーズ3の9本目。
来るべき「エンドゲーム」へ向けて、いよいよ役者は揃った。

物語は90年代半ば。
まだフューリーはシールドの一介の捜査官に過ぎず、コールソンは新人。
そういや「アイアンマン」の時に略称募集中なんてことを言ってた割に、この頃から普通に「シールドの捜査官だ」と名乗ってるし、それで通用するところを見ると認知されてるようなんだが、ヘンなの。

『キャプテン・マーベル』_e0033570_20223038.jpgともあれこの時に宇宙からの脅威を目の当たりにしたフューリーは、「アベンジャーズ計画」に着手。
実際に形になるのはトニー・スターク=アイアンマンやブルース・バナー=ハルクの存在を知ってからだろうから、10年越しの遠大な計画ということになる。
その間にお眼鏡に適うヒーローの存在は確認できなかったのだろう。

そして物語のラストで、スクラル人の新たな安住の地を求めて宇宙に旅立ったキャプテン・マーベル=キャロル・ダンヴァースが戻ってくるのは20年以上経ってから。
それもフューリーからの緊急メッセージを受信してのことだから、その間彼女はどこで何をしていたのか。
何れ語られることもあるだろうか。

そのキャプテン・マーベル、<MCU>では初の本格的な女性ヒーローで、身体にピッチリとフィットしたコスチューム(キャプテン・アメリカほどじゃないけど、こちらも星条旗デザイン)に身を包んで入るものの、露出も全くないのでいわゆるセクシャルなイメージはまるでない。
演じてるブリー・ラーソンも、美人は美人だが肉感的ではなく、かつての「スーパーガール」や「キャット・ウーマン」、最近の「ワンダーウーマン」にも少なからずあった要素の排除に成功。
これが女性からも評価された一因なのかもしれない。

一方でキャロルの仲間で後に敵対することになるスターフォースのメンバーの一人ミン・エルヴァは、昔ながらのセクシー悪女系の魅力を持っていてちょっと気になる。

彼女にもサービスショットの類は皆無なのだが、演じるジェンマ・チャンはある意味でブリー・ラーソンよりも美人。
今後ブレイクしそうだな、と思っていたら、既に「クレイジー・リッチ!」や「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」などで注目されていた。

今度見直そうっと。

また<MCU>の新作「エターナルズ」にも出演するようだが続投ではなく、同じ俳優が違う役で他の<MCU>作品に出るのは彼女が初めてだそう。
それだけ製作陣も買っているのだろう。

最初は「善=クリー」「悪=スクラル」と思わせておいて途中で善悪をひっくり返して見せるのだが、既に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で悪いクリー人が出ているので(ちなみにその人は今回も出てきてる)「おやおや?」と思わせるのはシリーズ物、ユニバース物の強みと言うか妙味かも。
逆に初見の人にはややこしくてわかりづらいかもしれないが、どうやら今後の<MCU>においてスクラル人は大きな存在になりそうなので、今のうちにチェックしておいた方が良さそう。
『キャプテン・マーベル』_e0033570_08393739.png
ところで今回登場したジュード・ロウ演ずるヨン・ロッグの吹替は森川智之が担当している。
死んでないし、キャラがキャラだけに再登場の可能性があるが、実は森川智之は既に他の<MCU>作品で重要なキャラを演じている。

最初は「インクレディブル・ハルク」のMr.ブルーことサミュエル・スターンズ(演:ティム・ブレイク・ネルソン)、続いて「アイアンマン2」のジャスティン・ハマー(演:サム・ロックウェル)、そして「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」と「ブラック・パンサー」の2作品でマーティン・フリーマン扮するエヴェレット・ロス。

この中でロス捜査官はまず間違いなく今後も出てくるキャラだろうし、Mr.ブルーもハマーもいつ再登場しておかしくないだけの存在感を持っていたが、もし彼らが同一作品に出てきたら、森川智之は全部を兼ね役で演じ分けるのだろうか。

<過去記事>

Commented by ilike48 at 2020-10-30 07:09
はじめまして、
ブログを閲覧してたら興味のある内容でしたので、今日仕事が終わり帰宅したら閲覧させてくださいね!
つまらないコメントを残しますー、笑
Commented by odin2099 at 2020-10-30 22:05
> ilike48さん
いらっしゃいませ。
どうぞよろしくお願いします。
by odin2099 | 2020-10-29 20:27 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur