人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ドラえもん/のび太とロボット王国』(2002)

『ドラえもん/のび太とロボット王国』(2002)_e0033570_18240760.jpgスネ夫に新型のペットロボットを自慢されたのび太は、羨ましくてたまりません。
そこで例によって「ドラえも~ん!」と泣きついたのですが、あっさりと断られます。
ならば、とスペアポケットをこっそり持ち出し、そこから取り出した道具で未来デパートへペットロボットを注文するのですが、手違いで大量発注してしまった上に送られてきたロボットが暴走し、のび太の手に負えなくなります。
何とかドラえもんによって全て返品されたものの、何故か少年型のロボットが一台残りました。
どうやらこれは地球製のロボットではなく、超空間のねじれに巻き込まれて送られてしまった様子。
のび太たちは少年ロボット”ポコ”を何とか元の世界に返そうとします。
”ポコ”の故郷ロボット王国は人間とロボットが共存している平和な世界でしたが、国を治めていた王女が突如、ロボットから感情を抜き取って奴隷化するという恐ろしい命令を下し、”ポコ”は母ロボットと一緒に必死に逃げる途中で超空間に巻き込まれてしまっていたのです。
のび太とドラえもんたちは無事に”ポコ”の母親を助け出し、ロボット王国を元の平和な世界へ戻せるでしょうか?

映画「ドラえもん」シリーズの23作で、なんか「ドラえもん」が見たくなって「どれにしようかな~」と、以前WOWOWでシリーズを一挙放送した際に録画しといたディスクの中から、適当に選んだらこの作品になりました。
今回が初見です。

上映時間は80分ちょっとなので、いつもの長編「ドラえもん」よりは少々短めでしょうか。
その分お話があっち行ったりこっち行ったりすることもなく、淡々と進んでいきます。
サブタイトルは「のび太とロボット王国」ですけれど、のび太がお話を引っ張って行ってる感じはなく、むしろドラえもんが中心に進んでいきます。
相手がロボットだからなのかもしれません。

なので例によってスネ夫が何度か泣き言をいいますが、ジャイアンも静香ちゃんも目立った活躍はなし。
それも珍しいですね。
イモ掘りゴンスケやオバQに似たロボットが出てきたりといった遊び心もありますが…
お話そのものはちょっと生真面目過ぎて、今一つ面白みに欠けますねえ。
それにゲスト声優、ちょっと酷すぎ。


by odin2099 | 2020-11-12 18:25 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30