人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ドタバタ関ヶ原』 長谷川ヨシテル

この人の本を読むのは『ヘンテコ城めぐり』に続いて2冊目ですが、内容もあまり深いところまでツッコんでませんし、文章も読みやすいですね。

徳川家康、徳川秀忠、井伊直政、織田有楽斎、福島正則、池田輝政、細川幽斎、細川忠興、黒田官兵衛、黒田長政、加藤清正、伊達政宗、上杉景勝、直江兼続、石田三成、毛利輝元、大谷吉継、小早川秀秋、増田長盛、小西行長、島津義弘、宇喜多秀家etcetc

『ドタバタ関ヶ原』 長谷川ヨシテル_e0033570_20455204.jpg定番ネタから新説まで、東軍・西軍問わず関ヶ原の合戦に参加した武将たち(いや、領地などにいて直接は参加していない者も含めて)のエピソードをズラリと並べた一冊。
いや、前言撤回。
深いところまでツッコんでないどころか、結構マニアックなネタもありました。

こういう本を読むと、歴史に名を遺した武将たちも、我々とはかけ離れた存在などでは決してなく、当たり前のことですが一人一人、個性豊かな人間だったんだなあと何かホッとします。
コミカルすぎるのも問題ですが、こういったちょっと緩めの「関ヶ原」をテーマにした映画、あったら見てみたくなりません?

【ひとこと】
そういやこの本、真田昌幸・信之・信繁(幸村)の項目、ありませんねえ。
そこは意外(もちろん秀忠絡みで名前は出てくるのですが)。
by odin2099 | 2020-12-21 20:48 | | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31