人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『キッスは殺しのサイン』(1966)

『キッスは殺しのサイン』(1966)_e0033570_22343788.jpgエルケ・ソマーシルヴィア・コシナのセクシー美女二人が活躍するスパイ・アクション映画。
――だと思っていたのだが、実は彼女たちは凄腕の殺し屋コンビ。
主演はリチャード・ジョンソンで、彼が保険会社の調査員ヒュー・ドラモンドに扮して、石油会社の利権に絡む陰謀劇の解決に乗り出す、というお話。

このヒュー・ドラモンドは「007」以前に欧米で人気のあったヒーローとのことで、イアン・フレミングもボンドのキャラクター造形に際して参考にしたんだとか。
それを「007」ブームに対抗すべく引っ張り出してきたというワケ。
おまけにリチャード・ジョンソンは、ショーン・コネリーに決まる前のボンド役の候補だったそうな。

ということでプレタイトル・シークエンス、主題歌、音楽…と「007」を意識した作りになっているのだが、唯一違うのは全編通してドラモンドではなく美女コンビが映画を引っ張っていることで、悪女が”主役”というのは珍しい。
そして劇中ではモテモテ設定のドラモンドではあるが、存在感は今一つ。

美女コンビの方は、エルケ・ソマーがクールで過激、シルヴィア・コシナは男好きでちょっとオツムが弱い、ときちんと差別化が図られ、それでいて二人とも抜群のプロポーションをビキニ姿やセクシーファッションに身を包んで全編飛び回っているのだから、どっちに肩入れしたくなるかというと…ねえ?
ま、流石にヌードシーンまではなかったが。

最後はなんだかおマヌケな結末を迎えるが、『電撃!スパイ作戦』という続編も作られているそうで、そちらも是非見てみたい。


Commented by エム男 at 2024-04-15 13:41 x
海岸で海から上がって来た、ビキニ姿のエルケソマー嬢とシルバコシナ嬢にモリで撃たれて殺された石油会社の重役の秘書が、殺害現場に残されたテープの残りをドラモンドに届けて帰ろうとして、自分の車に乗ろうとしたら、エルケソマー嬢がその車に乗っていて車の中から麻酔銃を撃たれ、待機していたシルバコシナ嬢もその男を車に押し込み拉致。そして「この男が知っているか調べるんだよ」と2人で話をしていたが、その後どうなったのか分からないのが残念。
多分この男は何処かに連れて行かれてエルケソマー嬢とシルバコシナ嬢に拷問されて口を割らされると思うけど、その場面があったらいいな。
by odin2099 | 2021-04-10 22:45 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(1)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31