人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』(2014)

『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』(2014)_e0033570_20534316.jpg東城医大と国と自治体が三位一体となって取り組む国際Aiセンターの開設が間近に迫っていた。
同じ頃、司法解剖では死因が判別できない集団不審死事件が発生するが、Aiによって見事に死因究明に成功する。
だが今度は東城大にAiセンターを破壊する旨の脅迫状が届く。
一体誰が何のために?
開設の日が近づく中で、事件の謎を追って田口と白鳥が奔走する。

チーム・バチスタの栄光」、「ジェネラル・ルージュの凱旋」に続く”田口・白鳥シリーズ”の映画化第3弾(「ジーン・ワルツ」も含めれば海堂尊作品の4本目の映画化作品)、ではない

これは映画版とは別に作られたTVシリーズ及びTVスペシャル版の続きで、「チーム・バチスタの栄光」、「チーム・バチスタの栄光SPECIAL/新たな迷宮への招待」、「チーム・バチスタ第2弾/ナイチンゲールの沈黙」、「チーム・バチスタ2/ジェネラル・ルージュの凱旋」、「チーム・バチスタSP2011/さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか」、「チーム・バチスタ3/アリアドネの弾丸」、「チーム・バチスタ4/螺鈿迷宮」に続く”完結編”という触れ込みの作品なのだからややこしい。

ということで前2作とはスタッフ、キャストは一新。
伊藤淳史に仲村トオル、桐谷美玲、松坂桃李、西島秀俊、戸次重幸、木下隆行、利重剛、加藤あい、名取裕子、栗山千明、生瀬勝久とTVから続投のメンバー中心に入れ替えられている。
脚本は後藤法子、監督は星野和成。

海堂尊作品は結構読んできたけれど、刊行ペースの速さにギブアップし、この「ケルベロスの肖像」あたりからご無沙汰。
そしてテレビドラマの方は最初の「チーム・バチスタの栄光」を何話か見ただけで、自分の持ってるイメージとのギャップの大きさに脱落。
ということでほぼ予備知識なしの状態での鑑賞。

聞けばお話も原作とはまるで別物らしく、ほぼオリジナル・ストーリーに近いらしい。
Aiセンター設立の是非と薬害問題を盛り込み、これがどう繋がるのかなと思ってると、なるほどそう来ましたか。

ただこの二本柱、中心になる人物(いわゆる”犯人”)が別々で、特に連携を取っている訳でもないから(時同じくして騒動が起きたのも偶然?)、ぼーっと見ていると誰が何を企んでいるのか混乱するかも。
それに今回の犯人って、原作小説、一連の<海堂尊ワールド>の中でのレギュラー・キャラクターの筈だから、この扱いはちょっと酷いんじゃない?

伊藤淳史と仲村トオルの”田口・白鳥”コンビは、ミスキャストというより別物だから許すとして、ヒロイン役の桐谷美玲は美人だし可愛いからOKで、生瀬勝久は胡散臭いし、松坂桃李も西島秀俊も格好良いし、とプラス要素が勝ったので、原作忘れればこの映画そのものもOKということで。

【ひとこと】
そういえば桐谷美玲、「ジーン・ワルツ」に別人の役で出てたっけ。


by odin2099 | 2021-05-06 20:58 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30