人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』(2015)

この映画の主人公はデヴィッド・プラウズという一人の俳優。
一般的には顔も名前も知られていない存在かもしれないが、彼こそ『スター・ウォーズ』のクラシック・トリロジーにおいて、屈指の名悪役ダース・ヴェイダーを演じていた人物なのだ。
だがある「事件」をきっかけにして”創造主”であるジョージ・ルーカスとの関係がこじれ、現在は公式イベントからも締め出されてしまっている。

『I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー』(2015)_e0033570_22115768.jpgそんな彼をリスペクトする人たちが、プラウズの為人に迫り「事件」の真相を暴き出そうと試みたドキュメンタリーで、当然のようにルーカスフィルムやジョージ・ルーカス本人からの取材の許可は下りなかった。
その為に本編には『スター・ウォーズ』のフッテージは一切登場せず、ジョン・ウィリアムズの音楽も流れない。

本人以外にはゲイリー・カーツロバート・ワッツといったかつてのプロデューサーたちや、共演者のケニー・ベイカー、ジェレミー・ブロック、それにルー・フェリグノといった面々がインタビューに応じている。

一般に知られているプラウズとルーカスの確執は、最初の『スター・ウォーズ』の時点で始まっている。
自らの台詞が断りもなく、ジェームズ・アール・ジョーンズに吹き替えられたことで不満をぶちまけたことや、口が軽いことでルーカス側からは要注意人物のレッテルを張られてしまうのだ。

『帝国の逆襲』の際にはネタバレ防止のために、この映画のタイトルにもなっている有名な”I AM YOUR FATHER”ではなく違う台詞を割り当てられ、『ジェダイの帰還』に至っては出番をスタントマンに取って代わられただけでなく、マスクを取った素顔のヴェイダーを演じる機会もセバスチャン・ショウに奪われ、撮影現場では徹底的に無視されたと主張する。

これに対してルーカス側は、台詞を別人が吹き替える件については事前に告知し了解済みだとし、ヴェイダーがルークの父親だという件はプラウズだけでなく、ほんの数人を除いて一様に伏せられていたことであり、また素顔のヴェイダー=アナキン・スカイウォーカーを演じるにはプラウズが若すぎたのだ(もしくはプラウズでは演じきれなかった、とも)と説明している。

この映画では、これらファンにとっての”定説”について当人や関係者、研究家などのコメントを集め、更にはルーカスを激怒させた「事件」の真実――プラウズは冤罪だった――にまで踏み込んではいるものの、片方の主張だけを一方的に聞かされている感は拭えないので、例えそれが真実であったとしても素直に首肯は出来ないのがもどかしい。

クライマックスは『ジェダイの帰還』の”奪われたシーン”の再撮影。
プラウズにヴェイダーの最期、マスクを取って素顔を見せるシーンを再び、というか初めて演じさせるという趣向だ。
当然ルーカスフィルムからの横やりが入ったのだろう、完成したフィルムはファン向けのイベントでの限定上映に留まりこの作品の中でも全貌が映し出されることはないのだが、プラウズはどんな気持ちでヴェイダーを再演し、そしてこの映画を見たのだろうか。

それから5年、昨年秋コロナに斃れ、復権することなく逝ってしまったのが惜しまれる。


by odin2099 | 2021-05-20 22:15 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31