人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『トゥモローランド』

『トゥモローランド』_e0033570_17073508.jpgカントリー・ベアーズ』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』、『ホーンテッド・マンション』と続けざまに作られたディズニーランドのアトラクション映画化シリーズだが、その後が続かずにこの『トゥモローランド』が作られるまで10年以上間があったのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』以外はヒットしなかったからだろうな。

とはいうものの、これも元になった同名アトラクションの面影は殆どないらしいけれど。

出演はジョージ・クルーニー、ヒュー・ローリー、ブリット・ロバートソン、ラフィー・キャシディで、監督はブラッド・バード
未見の『レミーのおいしいレストラン』以外のブラッド・バード監督作品――『アイアン・ジャイアント』、『Mr.インクレディブル』、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』、『インクレディブル・ファミリー』は皆お気に入りなんだけど、この映画はダメだった。

エジソン、エッフェル、テスラ、ヴェルヌら秘密結社プルス・ウルトラの面々が絡んでくるあたりは面白く感じたのだが、そもそもトゥモローランドがどういう位置づけで、そこにいる人たちが何者なのかがサッパリわからないのと、フランクとケイシーという二人の主人公を立てながら、お話が別々に進んでしまう(二人の物語は50年ほど隔たりがある)という構成のわかりにくさに原因があるんじゃないかと思う。

それでもどことなくスピルバーグ作品を彷彿とさせる作風やマイケル・ジアッキーノの音楽は良いし、なんといってもAAのアテナを演じたラフィー・キャシディの可愛さもあって嫌いになれない作品だ。

バックアップから再生されたアテナか、同型機種にメモリーがインストールされた”新”アテナがフランクの傍らにいる、というラストシーンをちらっと夢想したのだけれども、流石にそこまで甘々の終わり方ではなかった。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/23304429/


Tracked from いやいやえん at 2021-07-25 19:52
タイトル : トゥモローランド
【概略】 すべてが可能になる世界“トゥモローランド"への招待状となる不思議なピンバッジを手に入れた少女・ケイシーは、中年男・フランク、謎の美少女・アテナと共に冒険の旅に出る。 SF... more
by odin2099 | 2021-07-25 19:42 |  映画感想<タ行> | Trackback(1) | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur