人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『パイレーツ・オブ・アイランド』(2008)

『レジェンド・オブ・パイレーツ』の続編。

『パイレーツ・オブ・アイランド』(2008)_e0033570_18455093.jpgが、リリースしてるメーカーが違うせいか、タイトルも含め殊更”続編”を意識したパッケージにはなってない。
事前に情報仕入れてなければそのまんまスルーしたか、知らずに見て「あれ?どっかで見たようなキャラが…?!」となっていたかも。

悪名高き海賊スタグナティを退治したことで名を挙げた”海賊ハンター”レイノルズ船長は、この勝利に貢献のあったスタグナティの片腕だったセレナの恩赦を総督に願い出るものの、そのために国王のご機嫌を取る必要性から、不死身の女海賊シーフェンに奪われた”青い真珠”を取り戻す任務を受諾する。

ということで再び船出するレイノルズ船長とその部下たちなんだけど、前作以上に副船長ジュールズの活躍が目立つ。
一応は前作から続投してるキャストもいるんだろうけど、他に印象に残ってるヤツがいないし、更に新顔の女性乗組員も増えてもう誰が誰やら。

監督はジューン、出演はジェシー・ジェーン、イヴァン・ストーン、ベラドンナ、サーシャ・グレイ、カツミ、トミー・ガン、ヴァロニカ・レイン、ジェンナ・ヘイズ、スティーヴン・セント・クロウ、マルコ・バンデラス。
途中でブツブツ切れるのは、元々ポルノ映画として作られた作品を、一般映画としてリリースするために編集したんだろうか。

お宝を使って死んだ筈のスタグナティを復活させようとするあたり、本家『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズを意識してるのかなあと思うけど、お話が妙に入り組んでるので途中で何が何だかわからなくなってくる。
それでもCGなんかはそれなりに見せてくれるんだけど、どっちが面白いかというと前作の方が面白かったなあ。
しかしまだまだ続編ありそうな終わり方だったけど、続いてないよね…?


by odin2099 | 2021-07-29 18:47 |  映画感想<ハ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31