人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『アンフェア the movie』(2007)

『アンフェア the movie』(2007)_e0033570_13132726.jpg何者かが仕掛けた爆弾で娘に大怪我を負わせてしまった雪平夏見は、払う犠牲の大きさに刑事を辞することを考え始めていた。その数時間後、今度は娘が入院している病院がテロリストに占拠されてしまう。
折しも警察庁長官が極秘入院しており、テロリストたちは長官を人質に警察内部の不正な裏金の引き出しを要求する。
警察は要求を拒否しSAT隊を送り込むが全滅。
一方娘を助けるべく雪平は、単身病院へ潜入していた。

秦建日子の小説を原作としたテレビドラマ「アンフェア」シリーズの劇場版。
出演は篠原涼子、椎名桔平、成宮寛貴、阿部サダヲ、濱田マリ、加藤雅也、寺田農、大杉漣、寺島進、江口洋介ら。
脚本は佐藤嗣麻子、監督は小林義則。

テロリストたちの真の目的は警察の腐敗を暴くことにあり、その正体も警察関係者、更に主人公サイドにも内通者がいる。
テレビドラマ未見なのでキャラクターの相関関係が今一つ分かりづらいのだが、誰が敵やら味方やら、二転三転する展開はなかなか楽しめた。
登場人物の大半はクズと裏切者なので、終わってみればわかりやすいといえばわかりやすい。

篠原涼子のキャラクターには共感できないし、さほど魅力的とも思わなかったが(きっとテレビシリーズでは、映画では見せない様々な顔を見せていたのだろう)、持ち越しになった”謎”もあり、先が気になる。
それにしても案外あっさりと人が死ぬ映画だったな。


by odin2099 | 2021-08-22 13:15 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur