人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ドラえもん/のび太の新恐竜』(2020)

映画「ドラえもん」の第40作で、新型コロナウィルス感染拡大に伴い公開が延期され、いつもの春休みではなく夏休み興行となった。
ちなみに今年も春興行が予定されていたが、こちらは来年の春に延期になっている。

『ドラえもん/のび太の新恐竜』(2020)_e0033570_22323496.jpg恐竜博でジャイアンやスネ夫の前で、化石じゃなく本物の恐竜を見つけて見せる、と宣言してしまったのび太。
ようやく見つけた化石をタイムふろしきで包むと、何と新種の双子の恐竜が生まれる。
しかし大きくなり空を飛ぶようになると、いつまでも隠れて飼うわけにはいかない。
のび太は泣く泣くドラえもんやしずか、ジャイアン、スネ夫らと共に元の時代へ連れ戻そうとするのだが…。

映画「ドラえもん」で恐竜を扱うのはこれで三度目だが、似たところはあるけれど「のび太の恐竜」や「のび太の恐竜2006」のリメイクではなくオリジナルストーリー。

のび太と恐竜との友情が軸になるのは変わらないが、今回はそれにタイムサスペンスが加わる。
一行が辿り着いたのはメキシコのユカタン半島に隕石が落下し、恐竜が絶滅する時代だったのだ。

タイムパトロールも介入し、恐竜たちを救おうとするのび太と、歴史改変を阻止しようとする彼らとの対立も挟んだアクションシークエンスがクライマックスを彩るのだが、結局タイムパトロールたちは干渉せずに見守るだけ。
そして最後は少々慌ただしい別れの場面へと変わるので、何となく忙しい印象が残ってしまった。

ここ最近の「ドラえもん」は映画館に見に行っていたのだが、今回は予告を見ただけでスルー。
それで正解だったかも。


by odin2099 | 2021-09-08 22:34 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30