人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ドバットマン』(2010)

『ドバットマン』(2010)_e0033570_21501478.jpgブルース・ウエインの婚約者リサがリドラーに誘拐された。
ゴードン大佐の依頼でバットマンとロビンが救出に向かうが、途中でリドラーの罠に嵌ったバットマンは行方不明に。
そこへバットガールが現れ、ロビンと協力して手掛かりを求めてジョーカーの元へ。
だが二人もジョーカーに捕まってしまい、バットマン共々処刑の時が迫る!

とんでもない邦題が付いているけれど、原題は”BATMAN XXX: A PORN PARODY”、「バットマン」のパロディポルノ映画だ。
劇中では当然のように「ドバットマン」とは呼ばれない。
80年代以降のダークなバットマンではなく、60年代のTVシリーズのノリを徹底的にコピーしていて、音楽もそれらしく完成度はなかなか高い。

といってもメインは勿論あのシーン。
最初はリサとリドラー、次はバットマンとリドラーの手下のリサ、それからジョーカーと彼の手下の女性二人、更にはロビンとバットガール、という具合に次々とカップリング。
最後はバットマンとロビンの二人がキャットウーマンのお相手をする。
約2時間の映画だが、そのうちの1時間45分くらいはそんなシーンが延々と続くので見ていて飽きる。

バットガールことバーバラ・ゴードン役のレクシー・ベルとか、バットマンを誘惑するモリー役のアレクシス・テキサスとか、キャットウーマン役のトーリ・ブラックとか異なるタイプのセクシー美女が沢山出てくるのだが(申し訳ないがリサ・カーソン役のキンバリー・ケインはちょっとタンマ)、人が変われどやってることは同じだから、もう少し切り詰めて70分くらいにまとめてくれてれば、というところ。
じゃなきゃ見せ方を工夫して、ワンパターンから脱却してくれないとね。

監督はアクセル・ブラウン、他の出演者はアンディ・サン・ディマス、サイレン・セクストン、デイル・デヴォン、ジェームズ・ディーン、エヴァン・ストーン、ランディ・スピアーズ。
実は2011年の全米ポルノ映画のアカデミー賞「AVNアワーズ」で、「最優秀セールス作品」賞他8部門で受賞したという名作らしい。
まあ、だからどーした!って話ではあるのだが。

ラストはバットマンとロビンのピンチで「次へ続く」だが、流石に続編は作られてないだろう。


by odin2099 | 2021-09-28 19:15 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30