人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『デューン/砂の惑星』(2021)

映像叙事詩というか、圧倒的な映像美。
正直映画は何が何やらという感じではあるが、それでも「何か凄いものを見たぞ」という気持ちには包まれる。
それがこの作品だった。

『デューン/砂の惑星』(2021)_e0033570_18050362.jpgまずはいきなりタイトルに「パート1」と出て驚く。
いや、長大なハーバートの原作小説を前後編の二部作で描く構想なのは知っていた。
だが驚いたのは、まだ後編の製作にはゴーサインが出ていないからだ。

その監督の意気込みや良し。
しかし世の中には続編を念頭に置いて作られながら、諸事情で実現しなかったプロジェクトは数多ある。
願わくばこの作品が、その末席に名を連ねることがなきことを。

それにしても事前にデビッド・リンチ監督版を見ておいて良かった。
それを見ていればこそ、舞台設定やキャラクターの相関関係、そして物語の構造に戸惑うことなく付いて行けた。
作品特有の用語には難儀したものの、それでも大意は掴めたと思っているのでおそらく支障はなかったろう。

それでも本音を言えば155分という上映時間は些か長すぎるのではないか。
原作愛読者からすればこれでも足りないというだろうが、デビッド・リンチ監督版のように140分で一本にまとめるのではなく前後編だ。
であれば120分前後が望ましいように愚考するのだが。

ともあれ公開は一年近く延期されたものの、ここまで見せられたのだ。
テレビシリーズでスピンオフを製作する企画も動いているようだが、一日も早く製作体制を整え続編の製作に取り掛かってもらいたい。

【ひとりごと】
ティモシー・シャラメという存在感のある美青年がポール役だからなのか、あるいは親子を演じるには若すぎ、かつセクシャルな魅力を保っている(敵側の兵士にも性的対象として見られている)レベッカ・ファーガソンがレディ・ジェシカに扮しているからなのか、この母と息子の逃避行のシーンには何やら危険な匂いを感じずにはいられなかった。
母の前で屈託なく着替えをする息子、それを見ながら躊躇いがちな母親…。


トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/29716305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ふじき78の死屍累々映画.. at 2021-11-18 23:57
タイトル : 『DUNE/デューン 砂の惑星』新宿ヒカデリー9
◆『DUNE/デューン 砂の惑星』新宿ヒカデリー9 ▲彼こそが後の指パッチン帝ポール牧。 五つ星評価で【★★★★なんつーか沈み込むエモ地雷】 ドゥニ・ヴィルヌーヴという当代隋一のSF絵を描ける監督の手による壮大な絵と音楽。 昔SF大元帥野田昌宏氏は「SFは絵だ」という名言を残された。 そして、何年か経ってから「あの『SFは絵だ』ってのを言ったのは俺」と更なる名言を残された。 如何にもカク...... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2021-12-01 10:56
タイトル : 「DUNE 砂の惑星」
壮大な、圧倒的な世界観。よくこんなものが作れたなぁ、と驚く。でも実際に心底驚いたのは、原作ありきなんだから仕方がないこととわかっちゃいるけど(原作が上梓されてから60年近く経っている)、今から1万年後の世界でも、他の惑星でも、中央集権国家で絶対君主がいて、女は要職や戦士にはなっていない、ということだ。「香料」を巡る覇権争いなんて、オスマン帝国がー、東ローマ帝国がー、とかいう時代のような雰囲気。その時代から変わらぬことを皮肉っているのだとすら感じた。本作はそれが本題ではないので、失礼しました。まあ、素...... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2022-08-13 13:25
タイトル : 「DUNE/デューン 砂の惑星」
村上ショージの「ドゥーン」... more
Commented by ふじき78 at 2021-11-18 23:48 x
女っ気ねえなあ。
だからなのか、ティモシー・シャラメが両性具有でも違和感ないと思う。
Commented by odin2099 at 2021-11-19 21:54
> ふじき78さん

ティモシー・シャラメ、確かに中性的な感じはあるね。
あと「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」とか「トワイライト」とか、吸血鬼モノをやったら似合いそう。
by odin2099 | 2021-10-16 18:05 |  映画感想<タ行> | Trackback(3) | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31