人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『マエヴァリン/HナMEN ZERO』(2013)

『マエヴァリン/HナMEN ZERO』(2013)_e0033570_19004242.jpgタイトルは「ウルヴァリン/X-MEN ZERO」の捩りになってますね。
「X-MEN」のパロディ「HナMEN」のスピンオフ、なのかと思いきや、製作年はこちらの方が古いみたいです。
でもデータが間違ってるようでホントは2015年の製作なんじゃないのかなーと思ったりもしてるんですが、ひょっとするとホントにこっちを先に作った可能性も捨てきれませんが。

原題は”WOLVERINE XXX: AN AXEL BRAUN PARODY”で、マリコが出てきたりするので「ウルヴァリン/SAMURAI」の要素も加味したウルヴァリンのお話です。
セイバートゥース、レディ・デスストライク、ドミノ、ジーン・グレイ、ローグ、プロフェッサーX、ストライカーらも登場しますが、特筆すべきはスパイダーマンとデッドプールが出てくる点。
本家より三歩も四歩も先に進んでる気がしますね、ニック・フューリーもいますし。

ウルヴァリンらのコスチュームは今回も映画ではなく原作コミック寄りです。
なんかお話の展開もコミックに近いようですが、だからといって取りたてて語るような部分もなさそうで。
70分くらいの作品ですけど、例によってXXシーンを早送りすれば概ね15分くらいで見終わります。

そして今回も尻切れトンボで続編を期待させる終わり方なんですが、これまでにストレートな続編は作られてないようです(少なくても日本語版はリリースされてません)。
きちんとまとめる力がないから、思いっきり投げっぱなしでトンズラ放いてるんでしょうか。


トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/29765795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by odin2099 | 2021-12-01 19:02 |  映画感想<マ行> | Trackback | Comments(0)