人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『TYTANIA/タイタニア』①

宇宙に進出した人類は多くの都市国家を築き、星間都市連盟を構成していた。
だがタイタニア一族が連盟を離脱、連盟軍との戦いでヴァルダナ帝国に勝利をもたらし、それ以降一臣下の身でありながら強大な力を得、実質的に宇宙を支配していた。

――という、田中芳樹の”もう一つの宇宙”を舞台にした「タイタニア」を原作としたテレビアニメ。
2008年の10月からNHKBS2で、翌2009年4月からは総合テレビで、それぞれ半年間放送された。

『TYTANIA/タイタニア』①_e0033570_21541468.jpg第1話「ケルベロスの戦い」は、辺境の都市国家エウリアとタイタニアとの間でトラブルが勃発したことで、四侯爵の1人であるアリアバート・タイタニアが大艦隊を率いて進軍。
ところが無名の軍人ファン・ヒューリック指揮下のエウリア軍に惨敗を喫してしまうというお話。
タイタニアの五家族当主たちのそれぞれの思惑、そして人々がタイタニアをどう捉えているのかが点描される。

第2話「天の城(ウラニボルグ)の四公爵」では、帰還したアリアバートに辛辣な言葉を浴びせるザーリッシュとイドリスに対し、何か裏があることに気付くジュスラン、そして後継者選びに苦慮する当代の無地藩王アジュマーンを描くことで、タイタニア一族が決して一枚岩ではないことを強調。
一方タイタニアを破った英雄として迎えられるという思惑に反し、冷たくあしらわれるファン・ヒューリックは市長がタイタニアと裏取引をしていた事実に思い至る。
経験のない自分に艦隊指揮が任されたのは、戦いに負けることを求められていたからだと。

原作となる小説はコンスタントに3巻まで出た時は読んでいたけれど、まさか20年以上もたってから4巻5巻と出て完結するとは思わなかった。
アニメ版は原作再開の告知と共にスタートしたと記憶しているが、さて何話まで見てたっけな。

監督の石黒昇をはじめ、旧作の「銀河英雄伝説」を手掛けたスタッフが参加しているので、アニメ版「銀英伝」のコピーみたいに思えてフェードアウトしてしまったのだが、今見るとその”演出”も懐かしい。
「ノイエ銀英伝」の展開というかテンポに今一つ乗れないのは、自分のリズムとは合わないからなんだろうな。


by odin2099 | 2022-03-05 21:57 | テレビ | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30