人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『地球へ…/TOWARD THE TERRA』VOL.1

竹宮惠子の漫画を再アニメ化した作品で、キャラクターデザインが結城信輝、コンセプトデザインは出渕裕、これが後に『宇宙戦艦ヤマト2199』として結実するということになる。
もうかれこれ15年前の作品になるが、リアルタイムでは1話だけ見たような…?

『地球へ…/TOWARD THE TERRA』VOL.1_e0033570_21440045.jpg原作漫画とも劇場アニメともかなり異なるストーリー。
ジョミーの学校生活の場面では、サムだけでなくスウェナもジョミーの友人として設定されている。
スウェナは原作だとジョミーとは面識がなく、キースと多少の交友が描かれる程度、劇場アニメ版に至っては一切登場しないのだから大抜擢だ。

ミュウの母船は地中にはなく雲の中に隠れているので、劇場アニメ版よりも艦内が明るく感じられる。
また劇場アニメ版では準ヒロイン格にされていたカリナは、ジョミーを迎えるミュウの少年少女たちの一人としての出番に留まっている。

成人検査に脱落したジョミーはミュウの母船に迎えられるが反発は大きく、またミュウたちもジョミーを受け入れられない。
その為にソルジャー・ブルーはジョミーにアタラクシアへ、自分の家へと戻る許可を与えるというのも原作や劇場アニメ版とは大きく異なり、再び追われる際にジョミーの能力が覚醒するというように改められている。
最初にジョミーを救出したのもリオで、この時のジョミーに同行しているのもリオ。
ジョミーにとって最初に親しくなるのが彼。
これで二人の絆を強調するという狙いがあるのだろう。

第1巻は第1話「目覚めの日」、第2話「ミュウの船」、第3話「アタラクシア」を収録。
次巻ではブルーからジョミーへ、ソルジャーの引継ぎが行われる筈だ。


by odin2099 | 2022-03-13 21:49 | テレビ | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur