人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『からかい上手の高木さん3』その3

高木さんと二人で「100%片想い」の映画を見に行くことになった西片。
え?これってデートじゃないの?
というのが第9話「クリスマス」。
丸々30分使ってのオリジナルストーリーだけれども、原作にある「年末①」、「クレーンゲーム」、「タイプ」からシチュエーションを借りている。

第10話は「初詣で」、「雪だるま」、「お正月」、「相談」の4エピソードで構成。
「初詣で」、「雪だるま」、「相談」は原作からで、「お正月」は「あしたは土曜日」からのセレクト。
前回がクリスマスだったけれど、大晦日をすっ飛ばして、今度は元旦。
ただ放送されたのは今年の3月。
これが年末年始に放送されていたら、もっと胸キュンだったろうなあ。

第11話は「2月14日」で、これもオリジナルストーリー。
ただし原作の「チョコ」のエピソード(メインは浜口と北条さん)が流用されている。
原作のおまけマンガには、高木さんから西片へというバレンタインの話が幾つかあるのだけれども、そちらからの流用はなし。
後半に入って浜口と北条さんの出番が増えてきたけれど、もうちょっと前からフューチャーしてあげてればなあと、ちょっと勿体なくも思う。
『からかい上手の高木さん3』その3_e0033570_19204439.jpg
そして第3期最終回となる第12話「3月14日」も、これまたオリジナルストーリー。
原作の「告白」のエピソードを下敷きにしているものの、第2期ラストの「夏祭り」に匹敵するほどの感動的な盛り上がり。

原作に比べると西片は、高木さんと一緒の時に明らかに挙動不審に陥るし、もしかして高木さんのことを好きなのか?と自問自答してるし、対する高木さんもかなり思わせぶりな態度を取っているので、ミナやサナエ、ユカリ、中井くんと真野ちゃん、高尾、木村、浜口といった普段から仲の良いメンバーじゃなくても、二人が意識し合ってるのはバレバレ。
これで付き合わない方がむしろ不自然、という感じなのだけれども、そこまでで終わるのが「高木さん」の良いところなんだろうな。

同じように女の子が好意を持ってる男の子をからかうというか、行き過ぎて虐めてるようにしか見えないのが「イジらないで、長瀞さん」
長瀞は実は良い子、というフォローは時々入るものの、ちょっとやり過ぎな嫌いはある。

からかった相手が無反応というか、期待通りのリアクションをしてくれないので、からかった側の女の子が困ってしまうのが「堂島くんは動じない」
こちらは比較的短命に終わっちゃったなあ、もう少し続いてワンチャン、アニメ化あるかなとか思っていたのだけれどもね。
『からかい上手の高木さん3』その3_e0033570_19201721.png
斯様に似たような作品は色々あるけれど、一番ニヤニヤしながら見守ってられるのがやっぱり「高木さん」。
アニメは原作漫画の先を行っちゃった感じだし、今度の劇場版でいよいよ完結かな。
原作ストックはまだあるから第4期は可能だろうけれど、ここいらで幕を引く方が綺麗かも。


by odin2099 | 2022-05-31 19:24 | テレビ | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30