人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『機動戦士ガンダム/ククルス・ドアンの島』(2022)

『機動戦士ガンダム/ククルス・ドアンの島』(2022)_e0033570_16133991.jpgTVシリーズ「機動戦士ガンダム」第15話として放送されたが、後に三部作として劇場版が製作された際にはオミットされた「ククルス・ドアンの島」を劇場用作品としてリメイクしたもの。
安彦良和の漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」でもオミットされたようだが、スタッフやキャストの編成から見ても事実上「THE ORIGIN」アニメ版のスピンオフといった位置づけだ。

今回敢えてオリジナルのテレビ版は見直さなかったのだが、ドアンが保護する少年少女たちが増え、また当初は反発していたアムロとも徐々に打ち解けていく様子を描くなど物語を丁寧に膨らませ、「ガンダム」のアニメとしてはかなりの異色作ながら素敵な小品に仕上がっていた。
時系列がテレビ版と異なり、一年戦争も終盤に差し掛かった頃の話とされているためにスレッガーがいたり、アムロの夢の中に父テムや母カマリア、それにシャアが出てくるのでやや混乱する。

中間管理職の悲哀かブライトが終始イライラしっぱなしで、逆にそのことでアムロ、カイ、ハヤト、ミライ、セイラといったホワイトベースのクルーたちが結束しているのは面白い。
ミライやセイラがかなり大人になっているし、なんだかんだでブライトも察しが良かったり、従来の”少年少女たちばっかり”のホワイトベースとは一味違う感じだ。
やはりそれだけの経験を経て、皆逞しく成長したということなのだろう。

音楽の服部隆之は今回も渡辺岳夫と松山祐士のスコアをアレンジして使い、「ファースト・ガンダム」のムードを醸し出しているが、古谷徹演じる15歳のアムロはそろそろ聞いていて辛く感じられるようになってきた。
これからも続くとするなら、そろそろ世代交代の時期が近づいてきているのかも。

その「続く」という部分に関して、安彦良和は「今回が最後のガンダム」というような趣旨の発言をしていたが、自ら陣頭指揮を執らずとも「THE ORIGIN」のアニメ版、通常のリメイクとは一味違う”新釈版”の「ファースト・ガンダム」の続きはまだまだ見ていたい。
最初のテレビ放送から40年余り、語り直しても良い頃だ。


トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/29968708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まんじゅう at 2022-06-06 06:51 x
どうしてジャブローの後なんだろ?と思ってたけど、TVのファーストは、地球を一周して降りた場所のすぐ近く(ジャブロー)に戻ってくるけど、漫画化する際に、一周するのは変だから、ヨーロッパ周辺を巡る展開に変更され、それに合わせて、ジャブロー→ベルファストスト→オデッサ→宇宙の流れに変更されてたんですね。
すっかり忘れてました。
でもそれを思い出して、
この映画の展開もスッキリしました。
Commented by odin2099 at 2022-06-07 19:10
> まんじゅうさん

アムロたちが戦争慣れしてきてるので、ドアンたちとの接し方も多少違ってきてますね。
by odin2099 | 2022-06-05 16:15 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31