人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『死神遣いの事件帖/傀儡夜曲』

『死神遣いの事件帖/傀儡夜曲』_e0033570_22192475.jpg映画と舞台が連動する<東映ムビ×ステ>の第2弾、『死神遣いの事件帖』
この度、第4弾として続編が作られるというので前作のおさらい。
まずは映画版から。

メインキャラクターが傾いたビジュアルばかりなので、見ていてあまり時代劇っぽくは感じなかったし、立ち回りも殺陣というよりアクション。
ということで多分にファンタジーの要素が強いのだけれども、そもそも死神と、その死神を使役する死神遣いが主人公なのだから正統派の時代劇になりようもない。
そこが逆にこの作品の面白いところでもある。

物語は探偵モノのフォーマットに則って展開はするものの、スタッフ、キャスト共に東映のヒーロー作品に所縁のある人たちが集まり、特撮を駆使し、一見するとヒーロー物っぽい演出もあったりで、時代劇というよりやはり変身ヒーロー物のヴァリエーションと捉えた方がスッキリする。

ヒーロー物の時代劇は絶えて久しいし、それを言うならチャンバラ時代劇すら珍しくなった昨今、これを土台にもっと時代劇ヒーローを誕生させて欲しい。
そういえば<ムビ×ステ>って、第4弾まで全て時代劇だな。
映像と舞台、どちらでも映えるのは時代劇ってことなんだろうか。
『死神遣いの事件帖/傀儡夜曲』_e0033570_20075605.jpg
<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/29065654/


by odin2099 | 2022-06-07 22:24 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31