人気ブログランキング | 話題のタグを見る

舞台『死神遣いの事件帖/幽明奇譚』

舞台『死神遣いの事件帖/幽明奇譚』_e0033570_17532708.jpg命の全てを使い果たしたはずの久坂幻士郎は、今は亡き父の夢を見、そして生と死のはざまの世界で目を覚ます。
どこからともなく聞こえてくる声に導かれ舞い戻った幻士郎は、自分が誰にも見えない”幽霊”になっていることに気付く。
同じく幽霊の市村左十朗、その左十朗をあの世へ送り届ける役目を負った死神・亜門と知り合った幻士郎は、とある歌舞伎一座での殺人事件に巻き込まれることになる。

原案:須藤泰司、脚本・演出:毛利亘宏、出演は鈴木拡樹、小林亮太、廣瀬智紀、安西慎太郎、稲垣成弥、飯山裕太、山川ありそ、北村健人、清水宏、神尾佑、凰稀かなめ。

<東映ムビ×ステ>第4弾(「漆黒天」の方が第3弾になるらしい)にして、第2弾である「死神遣いの事件帖」の続編。
前2作は映画があって舞台がある文字通りの<ムビ×ステ>だったが、今回は舞台が先行するいわば<ステ×ムビ>、更にどちらも同じ俳優が主演を務めるのも今回が初めてだ。

今回は十蘭はお休み(後ろ姿と声だけ)なので、幻士郎は亜門とコンビを組み、インチキ霊媒師と思いきや、実は幽霊や死神と話も出来るという恐山寂蓮らと協力して事件の捜査にあたる。
その中で幻士郎とその父・衒太夫の関係や、歌舞伎一座の暗部が明かされてゆくという内容で、登場人物も多いだけにちょっと整理が必要になる。

初めて舞台で見る鈴木拡樹は立ち振る舞いが映えるし、立ち回りも流麗。
映像でも舞台でも”魅せる”、華のある役者だった。
凰稀かなめもこの座組の中ではやや異色かと思ったのだが、流石の存在感でしっかりと締めている。
二時間しっかりと楽しめ、かつ「次」が気になる作品になっていた。

ただ舞台上から客席に語りかける演出が目立つのと、台詞をトチったかなと思われる個所が幾つかあったのが残念。
また満席の劇場で芝居を見るのは、まだ恐怖心が先に立ってしまう。
それに劇場内外の動線には難ありだ。

会場はヒューリックホール東京。
開場時間より前に着いてはいたものの、開場から実際に入場出来るまで10分近くかかり、更にグッズ売り場では30分近く並び、開演時間ギリギリの着席と相成った。
前2回の様子を考えればもう少し改善の余地はあったろう。
舞台『死神遣いの事件帖/幽明奇譚』_e0033570_17531181.jpg
この舞台の続きとなる映画「死神遣いの事件帖/月花奇譚」は今冬公開予定。
こちらには十蘭や庄司新之助も登場するとのことで、どんな物語が紡がれるのやら。


トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/29975445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by odin2099 | 2022-06-12 17:55 | 演劇 | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31