人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『くノ一ツバキの胸の内』その8

十二の巻まで来ました。

ライバル」は原作の第27話。
十一の巻で放送された「もて術」、「モテたい」の続きで、ヒナギクとベニスモモがメインのお話。
珍しく(?)ツバキは出てきません。

自分が一番可愛いといつも自信満々のヒナギクだけれども、相手を可愛いと思ってしまうと自暴自棄になって泣き出してしまうという弱点があり、それを知った下級生たちがヒナギクにもて術を使ってからかってばかり。
それを心配したキブシは、ライバルが褒めてあげればヒナギクもきっと立ち直るにちがいないとベニスモモに相談するものの…?

ベニスモモは「ああ見えて案外優しい」キャラってことになってるのだけれども、彼女って多少悪ぶって見せてることはあるけど基本的には良い娘なので、実はギャップを描くには適してないのだけれどもね。
まあそこがベニスモモの魅力ではあるんだけれども。

もう一本の「男の絵」は原作29話。
これ、次のエピソードとセットじゃないとツバキの気持ちとしては完結しないのだけれども、どうやら次回は丸々オリジナルエピソードっぽいのでどうするのかなあ。
『くノ一ツバキの胸の内』その8_e0033570_10445171.png
エンディング曲は予想通り「あかね組活動日誌 〜午班〜」で、ヒナギク(高野麻里佳)、キブシ(長縄まりあ)、オニユリ(大地葉)による歌唱。
来週はもう最終回かあ。
最後に「第2期製作決定!」の告知、来るかなあ。


トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/30008254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by odin2099 | 2022-06-26 10:47 | テレビ | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31