人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『女子高生の無駄づかい』⑥

第11話「ゆめ

漫画のアイディアが浮かばないヲタは、お気に入りの低所得Pの曲を再生する。
こんな素敵な曲はどうやって作るのか、作った人はどんな人なのかが気になって仕方ないヲタ。
そんな時同人イベントに低所得Pが参加し、CDを販売すると聞きつけ勇んで参加するのだが…。

歌ってみたに低所得Pの曲をヲタが上げたことで、自分のファンがヲタであることに気付いたワセダ。
そしてイベント会場で遂にヲタとワセダが対面、というスリリングなお話。
最後まですれ違いのままで終わるのかと思っていたが、ここで正体ばらしをするとはね。
最後まで「いい話」で終わるのも珍しい。

第12話「なかま

『女子高生の無駄づかい』⑥_e0033570_21472784.jpg期末試験で一教科でも赤点を取ったら留年だと宣告されてしまうバカ。
そのことを皆に笑いながら話すのだが、ヲタには一つも笑えないと一蹴されてしまう。
ヲタ、ロボ、マジメらはバカを何とか進級させようと猛勉強させるのだが、本人はもう限界。
おまけにマジョの占いでも芳しくない結果が…。

アニメ版「女子高生の無駄づかい」の最終回。
マジョも出席日数が足りなくて危ないらしいが、こちらは何とかなった模様。
またバカだけでなく、もう一人問題になっているのはヤマイ。
さて二人はどうなるのか?で最後まで引っ張る。

最終回らしくレギュラーメンバーは皆出てはくるものの、ロリとリリィは本筋にあまり絡まない顔見せ的な出番。
そして今回もちょっと「いい話」風にまとまっている。

初登場はインパクトがあり、個性的な面々ばかりだなと思うものの、見ているうちに普通に可愛い女子高生たちに見えてくるのは良いのか悪いのか。
ただ一人一人というより、グループとしてのまとまりが見えてきてからの方がより面白く感じるようになった。
原作はまだ続いてるようだし、アニメの方も続きが見たいもんである。


by odin2099 | 2022-11-30 21:48 | テレビ | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30