人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『咲/Saki 阿知賀編 episode of side-A』Vol.1

麻雀が世界的に流行している架空の世界で、覇を競い合う女子高校生たちの戦いを描くというコミック『咲/Saki』の実写化プロジェクト第2弾。
第1弾同様にこちらもテレビドラマ→劇場版が連続して作られた。
その第1局(第1話)、第2局(第2話)を続けて鑑賞。

お話は前作『咲/Saki』の続編というかスピンオフで、副主人公である原村和が小6の頃に遡る。

『咲/Saki 阿知賀編 episode of side-A』Vol.1 _e0033570_20533023.jpg高鴨穏乃と新子憧は転校生である和と知り合い、中1の松実玄を交えて阿知賀女子学院内で開かれているこども麻雀クラブで楽しむようになる。
かつて阿知賀女子学院は、赤土晴絵が在学中に一度だけインターハイに出場したことがあったが、今は麻雀部そのものは解散していた。
そのこども麻雀クラブの監督していたのが”阿知賀のレジェンド”の晴絵だったのだが、彼女は実業団にスカウトされ解散、憧は麻雀の強豪中学へと進み、和は再び転校、そして穏乃は麻雀から遠ざかってしまう。

そして3年後、和が全国大会の個人戦で優勝したことを知り、穏乃は名門校への進学を決めていた憧を説得し一緒に阿知賀女子に入学してインターハイに出場し、和と再び麻雀を打ちたいという夢を抱く。
麻雀部を復活させるためには部員が5人必要。
先に阿知賀女子に進学していた玄と、玄の姉の松実宥、更に松実姉妹の幼馴染である鷺森灼を説得し、何とか5人を確保。
そこに実業団のチームが解散してしまい帰郷してきた晴絵を顧問に迎え、全国を目指す決意を新たにする。

――というのが第2局までの流れ。
麻雀のルールは相変わらずわからないが、スポーツ物に通じるシンプルなストーリーに燃える展開、そして可愛い女の子だらけの絵、は何度見ても良い。

原村和役の浅川梨奈は続投で、高鴨穏乃役の桜田ひより、新子憧役の伊藤萌々香、松実玄役の恒松祐里、松実宥役の渡邉幸愛、鷺森灼役の中山莉子と現在でも活躍している顔触れが並ぶ。
また憧の中学時代の同級生でライバル格となる岡橋初瀬を演じているのは工藤美桜、憧の姉・新子望役はやのあんな。
それに岡崎美優、峯田百花、松澤可苑平澤宏々路ら子供時代を演じた子役たちも可愛かった。


by odin2099 | 2023-02-10 20:57 | テレビ | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur