人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』(2023)

*** ネタバレ注意! ***

ディズニーに移ってからの最初の『インディ』映画は通算5作品目。
これで最終作という触れ込みだが、ハリソン・フォードは今回で勇退だろうけど、高い金払ってルーカスフィルムを買収したディズニーのこと、『スター・ウォーズ』同様とことんしゃぶり尽くすと見た。

『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』(2023)_e0033570_21001099.jpgテレビや小説、コミックのように10代や20代のインディを主人公にするのか、リキャストして映画と映画の間の冒険にするか、あるいは子供や孫にバトンタッチして世代交代させるか、それともリブートするかはわからないけれど、何年後かには企画が動き出すはず。

そして『インディ』映画のオープニングといえば、毎回パラマウント映画のトレードマークから実景にオーバーラップするのがお約束だったので、ディズニーに移って今回はどうなるのかと思っていたら”in association with ~”がパラマウントだった。
もっとも今回はそのシチュエーションは全く活かされていなかったが。

物語の舞台はアバン部分が1944年で、デジタル処理で若返ったインディが登場。
これはもう当時の未使用フッテージを使ったんじゃないかと思うくらいに自然で(実際使ってるという話もある)、技術の進歩には驚くばかり。

そして本編が始まると1969年だから(アポロ11号の乗組員たちがパレードしてる)、インディは70歳だ。
演じてるハリソン・フォードは今80歳だから、撮影当時は78か79?
インディ以上に頑張ってますわな。

前作でマットが息子と判明し、再会したマリオンと結婚式を挙げたインディだったが、なんとマットはベトナム戦争で戦死。
それもあって夫婦は離婚調停中と、こちらも波瀾万丈。

当時スピルバーグのお気に入りだったシャイア・ラブーフが、その後あれこれやらかして愛想を尽かされたとはいえ、殺されて退場とはあっけないもんだなあ。
でも『若き日の大冒険』ではインディに孫がいたと思ったけど、その設定はなくなった?
それともマットに子供がいる?

『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』(2023)_e0033570_21053485.jpgそのマリオンもラストには顔を見せ、結局は復縁するのだけれど、吹替版だとマリオンの声は戸田恵子。
1作目が「金曜ロードショー」で放送された時にマリオンを当てたのも戸田恵子。
ただその後ビデオやDVD、Blu-rayなどに収録されているいわば”公式版”のマリオンは土井美加で、それを受けて4作目に再登場したマリオンも土井美加が担当してるのに、ややこしいことをしてくれたもんだ。
ちなみに字幕版だとなっちが担当してるみたい。
大丈夫?

で、肝心のお話の方だが、今回のテーマはタイムトラベル。
一応はアルキメデスの発明品によって過去へ旅することになるのだが、もう考古学とか関係なくなってね?
前作もそうだったけど、既にインディの手に負える範疇を超えてる気がする。
なんでもアリじゃなく、一定の歯止めがかかってこそのこのシリーズだと思ってたんだが、違うのかな。
それでも歴史改変ネタには踏み込まず、昨今流行りのマルチバースを描かなかったのは、ギリギリのところで踏みとどまったというところ。
やれやれ。

上映時間は長すぎると思うけど、サラーが出てきたりで色々懐かしかったし、三部作で終わりかと思っていたインディの冒険も、シリーズ開始の頃に言われていたように五部作になったのはメデタシメデタシ。
元々このシリーズには思い入れがないから、ま、こんなもんでしょう。

……とか言ってたら、どうやら予想外に低調なスタートで、赤字転落の可能性もあり?とのこと。
インディ最大の危機だな。
度重なる製作の延期、若い観客へのアピール不足等々、原因は幾つも上げられているけど、確かに周囲を見回しても盛り上がってる様子もないし、映画館もガラガラだった。

当初の予定通り『スター・ウォーズ』の新作公開ラッシュの合間に上映されていたら、あるいは相乗効果でヒットしたかもしれない、なんてことをほざいてみる。

【ひとりごと】
ジョージ・ルーカス抜きで作られ、スピルバーグも監督を途中降板してプロデューサーに回った『インディ』。
と思っていたら、ルーカスもスピルバーグと並んで「エグゼクティブ・プロデューサー」としてクレジットされてた。
『スター・ウォーズ』みたいに完全に締め出されたワケではなさそう。
もっとも実製作には一切絡んでないだろうけど。

【もうひとこと】
「インディ・ジョーンズ」「」「運命のダイヤル」…
」ってなんだよ?
今まで通り「インディ・ジョーンズ/運命のダイヤル」じゃ何故ダメだったんだよ!
「ハリー・ポッター」じゃあるまいし。
こうなったら「インディ」の後ろに「賢者の石」とか「秘密の部屋」とか付けちゃうぞ(違和感がない)


by odin2099 | 2023-07-03 21:06 |  映画感想<ア行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur