人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ざんねんないきもの事典』(2022)

『ざんねんないきもの事典』(2022)_e0033570_21454645.jpg甘えん坊のコアラも独り立ちの時。
自分だけのユーカリの木(ホームツリー)を探す旅に出て、アオバネワライカワセミやウォンバットと出会い、ディンゴに襲われながらも大冒険を繰り広げるという「リロイのホームツリー」

仲良しのアデリーペンギンとジェンツーペンギン、ヒゲペンギンは、迷子になったコウテイペンギンのママを家族の元へ送り届けることになるのだが…という「ペンたび」

過保護な母親に反発して家出したニホンノウサギは、森の中で様々な生き物と遭遇し大パニック。
嫌気がさして家に帰ろうとするが、道がわからない。
途中で先輩ノウサギと知り合い、何とか家まで連れて行ってくれるように頼むのだが…。
一方、臆病なツキノワグマも家を飛び出して――という「はちあわせの森」

以上3つのエピソードを、モグラ親子のナビゲーションで綴ったオムニバス映画。

監督はウチヤマユウジ、イワタナオミ、由水桂。
ナビゲーターはムロツヨシと伊藤沙莉で、声の出演は花江夏樹、玄田哲章、榎木淳弥、松岡禎丞、小松未可子、日髙のり子、椿鬼奴、斎藤司、昴生、内田真礼、下野紘、沢城みゆき、釘宮理恵、佐藤利奈ら。

普通に作れば感動系のエピソードになりそうだが、タイトルにあるような「ざんねん」を前面に押し出してるので、総体的にはかなりシュールなギャグが散りばめられている作品。
好きな人は好きなんだろうけれど、自分には合わなかった。

予告編はなんとなく面白そうだったので、映画館へ見に行こうと考えてた時期もあったが、行かなくて良かったかな。
ゆる~く愉しめればいいんだろうけど、脱力系のコメディはどうも苦手みたいだ。


by odin2099 | 2023-07-07 21:50 |  映画感想<サ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31