人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『さよなら銀河鉄道999/アンドロメダ終着駅』

『さよなら銀河鉄道999/アンドロメダ終着駅』_e0033570_10172847.jpg「☆まい・ふぇいばりっと・む~び~ず☆」見直し企画は今、1981年の夏ごろに差し掛かっておりまして、次なる作品は『さよなら銀河鉄道999』。

綺麗に終わった前作ラストを結果的に覆す形で始まり、それでも一応はエンドマークまで辿り着いたこの作品なのですが、ここで終わっておけばともかく原作漫画が再開され、これまた再開された『宇宙戦艦ヤマト』の物語を内包しつつ『銀河鉄道物語』のような派生作品を生み出したものの、結局は作者逝去のまま未完で終わってしまった今となっては、完全に立ち位置というか存在意義を見失っている感はあります。

更なる新作、続編も良いのですが、この『999』こそリメイク、リブートした方が良かったんじゃなかろうか、最近はふとそんなことを考えてしまいます。
ただ作画(キャラクターの表情や仕草、メカニックの動き、作品世界を引き立てる美術等々)や演出面を考えると、この正続二本の劇場版『銀河鉄道999』を超える作品は、おそらく生み出せないだろうな、ということもわかるのです。

また今の時代にはこの『999』のムードやテンポはそぐわないのではなかろうかとも思えますし、かといって変に時代に迎合して作品世界をぶち壊されるのも嫌ですし、このままそっとしておいて欲しい、あるいは古典作品として新しい世代にも愉しんでもらいたいと、オールド世代は考えてしまいます。

<過去記事>
https://odin2099.exblog.jp/3884525/
https://odin2099.exblog.jp/23590206/
https://odin2099.exblog.jp/27555377/
https://odin2099.exblog.jp/29121097/
https://odin2099.exblog.jp/29820560/


by odin2099 | 2023-09-26 21:12 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31