人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『機動戦士ガンダム第08MS小隊/ミラーズ・リポート』(1998)

『機動戦士ガンダム第08MS小隊/ミラーズ・リポート』(1998)_e0033570_22074942.jpgUC0079年、シロー・アマダが指揮する第08小隊はジオンの秘密兵器と接触するが捕獲に失敗、シローは行方不明となるが後日無事に生還した。
だが軍の情報部はシローの行動に疑念を抱き、彼をスパイ容疑で査問会にかけることに。

『機動戦士ガンダム0080/ポケットの中の戦争』に続いて製作された「ファースト・ガンダム」のスピンオフOVAの劇場版で、シリーズはまだ継続中だったため全12話の内8話までを新作シーンを交えて再構成。
「ガンダム生誕20周年記念作品」を冠し、<GUNDAM THE MOVIE>として『新機動戦記ガンダムW/Endless Waltz<特別篇>』と二本立てで上映された。

当時も今もOVA版そのものを見ていないので、ストーリーはよくわからない。
時系列的にはオデッサ作戦からジャブロー攻防戦あたりに位置するらしいが、アムロやシャア、ホワイトベースなどについては語られないので、特に『ガンダム』を知らずとも視聴に問題はなさそう。

『機動戦士ガンダム第08MS小隊/ミラーズ・リポート』(1998)_e0033570_22063505.jpg青臭い理想主義を掲げる主人公シローといつの間にか彼に心酔するようになった部下たち、交流を深めていくゲリラ組織のメンバー、それに敵でありながら愛し合うようになるジオン軍パイロットのアイナ・サハリンといった、作品を構成する断片が点描されるだけなので一本の映画として見て面白いかと言われると微妙なのだが、気にはなる作りではある。

ただ「ロミオとジュリエット」的悲恋を前面に押し出しているようで、それが自分好みのストーリーなのだろうかという思いがあって、未だに未見のままなのだ。
ハッピーエンドとも、アンハッピーエンドとも言えそうなラストシーンとも聞くので、このまま知らない方がもしかすると精神安定上は宜しいのかも知れない。

しかしこの二本立て、どちらもOVAをベースにした劇場公開版というあたりに時代の流れを感じる。



by odin2099 | 2023-10-31 22:12 |  映画感想<カ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30