人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『殿方ご免遊ばせ』(1957)

『殿方ご免遊ばせ』(1957)_e0033570_21303165.jpgフランス大統領の娘ブリジットは、プレイボーイである秘書のミシェルに夢中。
策を弄して彼との結婚を実現させるのだが、結婚後も浮気癖は治らない。
ならば自分も、と目を付けたのが、国賓としてやってきていたグレタ女王の夫であるシャルル大公。
言い寄られた女好きのシャルル大公もまんざらではない様子。
初めは相手にしていなかったミシェルも、段々とブリジットが気になりだして……?

ブリジット・バルドー主演のお色気コメディで、監督はミシェル・ポワロン。
共演はシャルル・ボワイエ、アンリ・ヴィダル、ナディア・グレイ、アンドレ・リュゲら。
ひたすらBBを愛でるためだけの映画だ。

とにかくブリジット・バルドーが可愛い可愛い。
ナイスバディーで露出度高めの衣装を着こなしたり、短いショットだけどビキニ姿を披露したり、ベッドの中やバスルームですっぽんぽんになったりのチラリズムがたまらん。

彼女が演じているのは、積極的に色仕掛けで迫ったり衝動的で突飛な行動を取るなど、わがまま一杯で一見すると奔放でエロチックな小悪魔といった感じなのだが、実は純情可憐で貞淑で一途で…と男にとってこんな都合の良い理想的な女性なんかいないだろう、といった要素を詰め込んだ萌えキャラ。

30年ぐらい前にも見ているが、その時の感想も――
ブリジット・バルドーは魅力的である。
こういう娘なら振り回されてみたいものだと思うのだろうな。
ラストで亭主がもう少し疑う描写があった方がスカッとするのだけれども。
ま、BBが描けてれば、それでいい映画であるが。
――なーんて書いている。


by odin2099 | 2023-11-02 21:32 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30