人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『翔んで埼玉/琵琶湖より愛をこめて』(2023)

*** ネタバレ注意! ***

埼玉をDisってまさかの大ヒットを飛ばした『翔んで埼玉』の続編。
2021年には続編製作が決定したと報じられ、すぐに撮影が始まるはずだったのだが、GACKTが持病の悪化による無期限活動休止に入った関係でようやく完成。

『翔んで埼玉/琵琶湖より愛をこめて』(2023)_e0033570_10461202.jpgお話は前作の3カ月後。
ってことは前作ラストとは矛盾しちゃうが、まあ深く考えちゃいけないんだろう。
いや待てよ、本作での活動があってその状況があると考えれば矛盾はないのかな。
なんだか混乱してきた。
現代パートと伝説パートが交互に出てくるのは前作と同じ趣向。

埼玉県は横の繋がりが薄い。
そこで西武新宿線、西武池袋線、東武東上線、埼京線、京浜東北線、東武伊勢崎線を結ぶ武蔵野線建設を計画したものの皆の賛同は得られず、ならば埼玉県民の心を一つにするために、と「埼玉に海を作る!」とぶち上げる麗。
まずは和歌山の白浜海岸から砂を持ち帰ろうと、千葉解放戦線の協力を得て船出したものの嵐に遭って遭難し、滋賀解放戦線の桔梗魁に助けられるのだが、仲間は大阪に捕らえられてしまう。
仲間を助けるために、そして埼玉と同じように大阪や兵庫、京都から虐げられてきた滋賀を救うために麗は立ち上がる――というのが今回のお話。

やってることはエスカレートしているが、前作よりもパワーダウンしてるように感じたのは、ご当地ネタがわからなかったということもあるのだろうが、二階堂ふみ演じる百美がお留守番状態での出番が少なく(キャストの序列も前作と違って二番目になり、トップはGACKTだ)、結果として関西パートと関東パートに分断してしまってるからなのだろう。

また水晶玉と魔法(?)が出てきたり、ロケットというかミサイルを打ち合ったりと、前作よりも派手にしてスケールアップを図ろうとしたのだろうが、これがギャグとしてもギリギリのリアリティを超えてしまって世界観を損ね、見ていて白けてしまったのも一因だ。

それでも前作に引き続いてまたもや壮大な茶番劇に挑んだスタッフ、キャストの心意気や良し。
客の入りも良いようで、これはシリーズ3作目への期待も高まるというものだ。

【ひとこと】
『チャーリーとチョコレート工場』や『さらば宇宙戦艦ヤマト』ネタに反応したのは自分だけ?
それと、人力飛行機の発進シーンに流れるBGM、「科特隊の歌」+「ワンダバ」だよなあ。


Commented by ふじき78 at 2023-11-28 06:34 x
次は北海道で「屯田兵埼玉」だ!(無理)
Commented by odin2099 at 2023-11-28 19:51
> ふじき78さん

ただのダジャレで言ってるでしょ? ヽ(`Д´)ノ
by odin2099 | 2023-11-26 10:51 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur