人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ダーク・エンジェル』(1990)

宇宙怪人と戦ったのはシュワちゃんだけじゃない。
人間核弾頭”ドルフ・ラングレンもエイリアンと戦っていた!

『ダーク・エンジェル』(1990)_e0033570_09291705.jpgラングレンが扮するのは麻薬取引を捜査中の刑事で、マフィアの取引現場を押さえようとしたその時にエイリアンが乱入してきて大混乱が起こり、その最中に潜入捜査中の相棒は殺されてしまう。
一方その現場には不可解な死体が多数残されていたため、調査のためにFBIの捜査官が派遣され、いやいやコンビを組まされる羽目に。

で、エイリアンは何をしに来たかというと、人間のエンドルフィンを採取して麻薬を作り、それを売り捌こうとしていたヤクの売人だったことが判明する。
更にこの殺人エイリアンを追ってもう一人、”宇宙刑事”っぽいエイリアンも現れるのだから話は結構ややこしい。
しかもエイリアンは二人とも怖い顔で、どっちが善でどっちが悪だか判ったもんじゃない。
もちろん最後はラングレンと宇宙怪人が、素手で殴り合いをおっぱじめる。

ということで刑事と麻薬密売組織の対立と、善悪二人のエイリアン同士の対立を並行して描き、最後にはそれが一つにまとまるワケだが、その過程で主人公とヒロインの痴話げんかがあったり、相棒との凸凹コンビによるドタバタがあったりと色々愉しめはするものの、ちょっと脇筋が多すぎるかなという気がしないでもない。

それでも、30年ぐらい前に一度見ていながらメモも何にも残してなかったのに、見始めたら意外に見覚えがあったりしたから、当時もそれなりに楽しんだんだろうなあ。
監督はクレイグ・R・バクスリー。

【ひとりごと】
この頃のラングレンはちょっとクリストファー・リーブに似てる気が。


by odin2099 | 2023-12-02 09:32 |  映画感想<タ行> | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur