人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『三大交響曲の饗宴』

指揮:渡邊一正、管弦楽:東京交響楽団、サントリーホールにて。

シューベルト:交響曲第7番 ロ短調 D.759「未完成」
ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 Op.67「運命」
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 Op.95「新世界より」

――以上、大変カロリーの高いコンサートでございました。
三大交響曲ってなんなのかと思ったら、この3曲なんですな。
いや諸説あるんでしょうけど、確かにこの3曲なら「一度も聴いたことがない」という人は少ないかも。

『三大交響曲の饗宴』_e0033570_20401780.png3曲とも全楽章を聴いたことがある、となると逆にクラシックファンぐらいになるだろうけど、どれか1曲の中の短いフレーズなら、知らず知らずの内に聴いたことがあるんじゃない?じゃじゃじゃじゃ~ん! とか。

しかし今回は個人的には色々と失態が。
まず、コンサートが始まる前に意識を失う。
…つまり、寝た。

といっても4~5分かな。
コンサート開始前の予鈴(多分開演時間の5分前)は覚えてるんだけど、後はいきなり周りが拍手し出したのでビックリして目を覚ました。
あ、いや、演奏が終わったんじゃなくて、演奏者が登壇してきたんですけどね。

そして演奏中にもちょいちょい記憶が飛んでる。
よっぽど演奏が心地好かったんだろーなー(棒)。
……スミマセン。
ここのところの疲れが一気に出た感じ。

実際演奏は心地好かったです。
「運命」の、特に第一楽章が、慣れ親しんでいるものよりテンポが早めだったので「へー」と思ったくらいで、特に「新世界」は気持ち良く……。

まあトータルでも演奏中に寝てたのは数十秒からせいぜい1分程度だったとは思うけど、昼下がりのコンサートはこれがあるからヤバいよね(いや、お前がだ)。

休憩時間20分を含めて、演奏時間は2時間15分くらいだったかな。
アンコール曲は、ドヴォルザークスラブ舞曲第10番で、これまた濃厚な調べでした。
by odin2099 | 2024-05-25 20:42 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30