【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『甦れ!ウルトラマン』(1996)

ウルトラマン誕生30周年を記念した<ウルトラマンワンダフルワールド>の一本。

e0033570_1130305.jpgゼットンに敗れて以降、精彩を欠くウルトラマン。出現した怪獣たちは、全て科学特捜隊の手によって退治されていた。そんな時、ハヤタは怪獣軍団復活の予知夢を見てしまう。はたしてウルトラマンは、この危機に立ち向かえるのか?!

ゼットンの前に倒れたウルトラマンは、光の国の使いゾフィに伴われて故郷であるM78星雲へ帰ってゆく――『ウルトラマン』の最終回はこうして幕を下ろすが、この映画は「そのままウルトラマンが地球に留まり続けたら・・・?」という「if」の世界を、TVシリーズ全39話の中から円谷一監督作品を中心に映像を抜き出し、一部新撮映像を交えながら再構成して作り上げた、いわば第40話とも言うべき作品に仕上げたもの。科特隊メンバーを演じた俳優を再招集して台詞を取り直して差し替えるなど、再編集版とはいえかなり手間隙かけて作られている。内容には賛否あるだろうが、試みとしては面白い。

また、同時上映の『ウルトラマンゼアス』にも科特隊メンバーのゲスト出演があるが、この後でムラマツ・キャップ役の小林昭二が亡くなったこともあって、全員が顔を揃えたのはこれが最後になってしまった。

なお、この作品において、フジ・アキコ隊員を除く全てのメンバーのフルネームが決定された(ムラマツ・トシオ、イデ・ミツヒロ、アラシ・ダイスケ、そしてハヤタ・シン)が、その後定着した様子はない。
e0033570_22484538.jpg

[PR]
by odin2099 | 2006-05-13 00:18 |  映画感想<ヤ行> | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/3419130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Brian at 2006-05-13 05:43 x
そんなのがあったのですね、知りませんでした・・・。
機会があったら、観て見たいですね。
Commented by odin2099 at 2006-05-13 09:12
>Brian様

公開時には、してはいけない”期待”なんつーものをしてしまったので(爆)、
ガッカリした当時の自分でしたが、今なら笑って許せる怪作といったところです。
以前はビデオも出ていましたけれどDVD化はされておらず、
ちょっと大き目の、しかも古いレンタル屋さんを探さないと見つからないかもしれないですね。

ちなみに科特隊員の名前は漢字表記があります。
早田進、村松利夫、井出光浩、嵐大助、藤明子・・・・
う~ん、誰それ?って感じですね・・・(苦笑)。
Commented by Brian at 2006-05-13 17:29 x
DVD化されていないんですね。
おかげで探しても見つからないはずだ・・・。
Commented by odin2099 at 2006-05-13 23:02
『ウルトラマンゼアス』がDVD化される時に一緒に収録されるかな、と思っていたんですが、結局『ゼアス2』とのカップリングになってしまったので入らなかったみたいですね。

by Excalibur
ブログトップ