人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ナルニア国物語/ライオンと魔女』(1979)

『ナルニア国ものがたり』の初映像化は1967年にイギリスで放送されたTVドラマ版だそうですが、こちらはおそらく唯一のアニメーション版。英米合作ということになっていますが、アメリカCBSで復活祭に放送されたTVスペシャルで、エミー賞を受賞しています。

ルーシーがナルニアへ迷い込み、フォーンのタムナスと出会う件が全て回想形式で処理されていたり、サンタクロースが登場しないので(名前だけは出てきます)、剣や盾、弓、つの笛、薬などピーターたち兄妹への贈り物が、アスランから直接手渡されたりと細々としたアレンジは施されていますが、約90分という長さの中でほぼ原作に忠実に描かれています。

しかし健全な(?)子ども向けのTVアニメということですから、かなりオブラートに包んだ印象があり、例えるならば古典作品、名作物をリライトした絵本のような感じでしょうか。四半世紀も前の作品、しかも表現に制約の大きいアメリカの作品ということを差し引いても、見応えという面ではかなり劣ります。絵も殆ど動きませんし、かなり割り切らないと楽しめないでしょう。
もっとも本来の対象者を無視し、”大人の視点”(苦笑)を振りかざしてアレコレ言うのは本末転倒ですので、そういった子供たちの純粋な意見を是非聞いてみたいものですね。かえって新鮮に受けとめられるかも知れませんし。
e0033570_10452227.jpg

by odin2099 | 2006-07-23 11:24 | テレビ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/3861643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tomoko at 2006-07-23 22:31 x
TBしていただき、詳しいことがわかりました。
ありがとうございました。
Commented by odin2099 at 2006-07-24 22:47
>Tomoko様

わざわざのコメント、ありがとうございました。
アメリカの放送コードは日本とは比較にならないくらい厳しいそうなので、
アクション・シーンもあっさりしたものになっていますね。
もっとも原作の描写もあっさりしているので
劇場版が過剰といえなくもないのですが・・・。
ブログトップ