人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『TESORITO』 上松美香

『TESORITO』 上松美香_e0033570_7382213.jpg通算では4枚目になるはずですが、彼女のアルバムの中で一番最初に購入したのがこれです(クラシック・アルバム部門で初登場一位の売上げだったそうですから大したものですね)。
切っ掛けは、たまたま見掛けた彼女のコンサート告知ポスターが印象に残ったからでして、結局コンサートそのものへは行けなかったものの、彼女の存在がどうしても気になった、という非常にミーハーな理由です。
ただ、このアルバムの収録曲が映画音楽中心じゃなかったら購入を見合わせたかも知れませんね。アルパ、別名インディアンハープと呼ばれる楽器の音色には惹かれるものがあったのですが、中南米の民族色の強い音楽ばかりだったら躊躇しただろうと思います。その証拠に、すぐに彼女のアルバムを揃えようという気にはなりませんでしたから。

収録されているのは『ニュー・シネマ・パラダイス』、『ロミオとジュリエット』、『タイタニック』、『明日に向かって撃て!』、『サウンド・オブ・ミュージック』メドレー、『エデンの東』、『ライムライト』、『白い恋人たち』、『風と共に去りぬ』、『ティファニーで朝食を』、そして『王様と私』と『マイ・フェア・レディ』のメドレー、と何れ劣らぬメジャーどころの名曲揃い。
・・・と言っても、個人的には観てない作品多いんですが・・・。

なお、最後に収められている表題曲「テソリート」は彼女のオリジナル曲で、スペイン語で”宝物”という意味だそうです。コンサートでも度々取り上げられているようで、彼女の言わば名刺代わりのようなものなのかも知れませんね。実はこのアルバムの中で、一番のお気に入りだったりもします。
Commented by crann at 2007-02-16 20:51
上松美香さんのこのアルバムに、私の二胡の師匠が参加してます♪
こういうアルバムを聞くと、弦楽器好きだぁ!と叫びたくなります(笑)
Commented by odin2099 at 2007-02-16 21:33
二胡をやってらっしゃったのですか~。それはそれは・・・。
そういう縁があると、このアルバムも受け止め方がちょっと違うでしょうね。
ちなみに二胡が加わっているのは一曲目の「ニュー・シネマ・パラダイス」ですが、
スミマセン、あまり意識して聴いてはいませんでした・・・!
by odin2099 | 2007-02-12 07:38 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30