人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『真救世主伝説 北斗の拳/ユリア伝』(2007)

e0033570_21583633.jpg映画3本+OVA2本、計<五部作>でリメイクするというプロジェクトの2作目で、前作(『真救世主伝説 北斗の拳/ラオウ伝~殉愛の章~』)には登場しなかった、ある意味で『北斗の拳』世界の元凶とも言うべきユリアを中心に据えた1時間強のOVA作品。

いきなり聖帝サウザーやシュウのエピソードから始まった今回のリメイク版シリーズだが、本作では幼き日の北斗4兄弟の因縁話、ケンシロウとシンの確執、死の灰を被るトキなど、原作版での発端部分を映像化。これに、後付け設定である南斗最後の将や南斗五車星を絡め、ケンシロウとラオウの最終決戦までの間、ユリアがどこで何をしていたのかがわかる仕組みになっている。

シンの使う拳法が”南斗孤鷲拳”だと作中で明言されたのは本作が初めてだろうし、南斗水鳥拳のレイとユリアに接点を持たせるなどの改変部分も悪くはない。
徹底的にユリア視点で描かれるが故にシンもレイもトキも出番が少なく、また時系列をバラして再構成しているために原作を知らなければ非常に判りづらいのが難点ではあるが、作画のクオリティも高く楽しめる作品にはなっている。

ただし、相変わらずキャスティングには難がありすぎる
今回初登場なのはユリア役の石田ゆり子だが、合格点を与えるには程遠い。ラオウの宇梶剛士は言うに及ばず。ベテランや中堅、若手を配したそれ以外のキャラクターがいずれもプロの仕事ぶりを見せてくれているので余計に辛い。これが作品の質をかなり落としていることに何故気付かないのだろうか。

主題歌にはクリスタルキングの歌う「ユリア・・・永遠に」のカヴァーが使われているが、こちらもかつての面影は無い。過去の栄光に泥を塗るような行為は、もう慎んでもらいたいものである。
GWには劇場版の2本目、プロジェクト通算3作目の作品が公開されるが、さてどうしたものか・・・。
by odin2099 | 2007-03-18 19:54 | ビデオ | Trackback(5) | Comments(10)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/5353012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2007-04-06 20:15
タイトル : 【2007-番外2】真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝
『この仮面、今日から私が・・・ 南斗最後の将として!』 ... more
Tracked from ジョイフルロード ゲーム.. at 2007-04-07 17:26
タイトル : 真救世主愛の伝説、北斗の拳ユリア伝
2007年の2月に発売された OVA『真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝』を観ました。 これは、TVアニメ『北斗の拳』のリメイクに当たる”真救世主伝説”の第2章です。 第1章”ラオウ伝 殉愛の章”は劇場で公開されました・・・。 (↑劇場版とOVA版を交互にリリースしていく予定となっている) ... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2007-04-22 17:27
タイトル : 真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝
【2007年オリジナルビデオ】製作国:日本監督:うえだひでひと原作:武論尊(作)、原哲夫(画)声の出演:阿部寛、石田ゆり子、宇梶剛士、デビット伊東「真救世主伝説 北斗の拳」シリーズの第2弾。南斗慈母星の宿命を背負ったユリアと、ケンシロウ、ラオウ、シン、南斗五車....... more
Tracked from シネマをぶった斬りっ!! at 2007-06-09 13:58
タイトル : 【DVD】真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝(評価:X)
【監督】えだひでひと 【声の出演】阿部寛/宇梶剛士/石田ゆり子/桐本琢也/堀内賢有/三木眞一郎/デビット伊東/他 【製作】日本 【ストーリー】 世界大戦後の荒廃した大地。そこは国家も社会秩序も崩れ去り、混沌と狂気が支... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-11-12 07:00
タイトル : 『真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝』'07・日
あらすじケンシロウ、南斗聖拳のシン、そして、ケンシロウの最大のライバルとなるラオウなど、最強と呼ばれる男たちの中で翻弄されつつも、ユリアは自らの思いを貫いていく。混乱と混沌が支配する狂気の世界の中で、ユリアが照らす希望の光の先に何があるのか・・・。感想...... more
Commented by メビウス at 2007-03-19 00:18 x
こんばんわ♪TB有難うございました♪

宇梶ラオウもひどかったですが、石田ユリアも負けず劣らずのひどさでしたね・・良い非声優もいれば悪い非声優もいますけど、2人は完全後者ですね。激闘の章でまた2人の声を聞くと思うと、早くもテンション下がります・・
もうGW公開の次回作は怖いもの見たさ臭いもの嗅ぎたさ感覚で行くくらいです(汗
Commented by Brian at 2007-03-19 05:39 x
まだ見てないんですけど、見る価値はあるのでしょうか・・・?
タレントさんを使うよりも本職の声優さんを使うほうがいいのに、今はタレントさんを使う場合が多いですよね~。
製作者側も商品価値を高めてもらいたいですね。
Commented by はぎお at 2007-03-19 20:48 x
いや~どうしても見たいと思わないですねぇ。
どうしてもリメイクするなら、やっぱ神谷さん・内海さんでやってほしかったです。
本当に、リメイク&海外アニメ=タレントが定着してきて、昔ながらのアニメファンはガッカリするばかりです。
Commented by odin2099 at 2007-03-19 22:16
>メビウスさん

ユリアはそんなに喜怒哀楽を表に出すタイプではないと思いますので、淡々とした石田ゆり子の喋り方(棒読みとも言いますが・・・)も悪くはないのですが、やはりケンがシンに胸に七つの傷を付けられる件などでは、もっと取り乱した面も欲しかったですね。

ラオウはもう処置なしですね。
予告編では既に流れてしまっていますが、あの名セリフ「わが生涯に一片の悔いなし!!」に、説得力のかけらもありません。
このままでは、劇場で呆然としてしまうのでしょうか・・・。
Commented by odin2099 at 2007-03-19 22:18
>Brianさん

単純にアニメーション作品としては、良く出来ていると思います。
ファン対象ということならば、脚本もなかなか巧く構成されているんじゃないかと思いますが、これは5本全部観てからの判断になりますか。

ただ、出演者だけは大いに難ありです。
Commented by odin2099 at 2007-03-19 22:21
>はぎおさん

必ずしも神谷ケンシロウや内海ラオウに拘りはありませんので、キャストの変更は致し方ない部分もあるんじゃないかと思います。
しかしながら最低限役柄に相応しく、そしてきちんと芝居の出来る人にお願いしたいものです。

でもラオウだけは内海さんに演じて欲しかったかなぁ。
Commented by 猫姫少佐現品限り at 2007-03-20 03:19 x
あ、もう出たのですね?
ば梶続投?
ユリアもひどいの??
でも、、、見ます、、、
Commented by odin2099 at 2007-03-20 23:02
アニメとしては悪くないんです。
だから余計勿体無い。
まぁ今回はケンもラオウもそれほど出番が多くないので、まだ破壊力は薄まってますけれど。

あ、柴咲コウは出てきません。
Commented by ゆかりん at 2007-04-22 17:32 x
もう見ないと思ったのに、、、
原作を読んでないとよくわからないんじゃないですかねぇ。
あんな短い時間でダイジェストとも言えない展開・・・
折角レイも出てきたのにひどい扱いーっ(泣)
Commented by odin2099 at 2007-04-22 18:43
ご覧になってしまったのですね・・・。

元々ファンドで金集めて作ってるんですから、ファン限定なんじゃないですかね(爆)。
割り切って楽しみましたよ、「声」以外は。

ところで今度公開される映画2作目(通算3作目)で、ラオウ昇天まで描かれるわけですが、となると原作のどこまで行くつもりなんでしょうね。
幻斗皇拳のファルコとか、北斗琉拳のカイオウだとかも出てくるのかなぁ。
それだと全5作じゃ足りない気もするし、うーん。
それに『蒼天の拳』とのミッシングリンクが描かれたりして・・・?
ブログトップ