人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『ゲドを読む。』を読む。

スタジオジブリのアニメーション映画『ゲド戦記』のDVDがまもなく発売になるが、その宣伝のために作られたのがコレ。
総ページ数は208ページ、「文庫本のかたちのフリーペーパー」とのことで、表紙のカラーは黄・黒・青・赤・ピンクの5色。
今月6日から書店、レコード店、レンタルビデオ店、コンビニエンスショップ、大型家電量販店等々で100万部が配布されたとのことだが、初日に出遅れたら目ぼしい所では全く目にせず入手を諦めかけていたところ、先週ようやくGET!

e0033570_22213425.jpg内容は、作品の解説(”『ゲド戦記』の愉しみ方”)、名言・名台詞集(”『ゲド戦記』のなかの心に染みることば”)、それにあちらこちらから再録された『ゲド戦記』論(”いくつかの重要な『ゲド戦記』論”)の三部構成。
プロデューサーは糸井重里。

第三部で再録されている論文・インタビュー・対談は、宮崎駿、河合隼雄、清水真砂子、上橋菜穂子、中村うさぎ、佐藤忠男、宮崎吾朗各氏のものだが、その殆どが原作論で映画版そのものについて触れているものは少ない。
また触れている場合も肯定的なものばかり(宣伝だから当たり前だが)なので、読んでいて違和感を感じる部分も少なくない。大半が映画公開前に書かれたものだし、公開後には酷評を浴びたことから考えればもっと多様な意見を取り上げてくれりゃ良かったのだけど、そこまで開き直れないか(苦笑)。
再録なので、幾つか既に読んだことがある文章だったのもガッカリ。まぁ無料だから文句言う筋合いじゃないんだけど。

ということで一番のヒットは、第一部の中沢新一の手になる”『ゲド戦記』の愉しみ方”で、これは初心者の入門書としても充分に面白いと思う。
もっともこの”愉しみ方”、あくまでも原作に対するものだ。アニメしか知らない、あるいはどちらも知らないという人が、これをきっかけに原作を読み始め、その世界に浸れるようになれば良いのだけれども・・・?
by odin2099 | 2007-06-26 22:22 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/5976875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by t2mina at 2007-06-26 22:39
これ、譲って頂けるというので楽しみにしているところです。
映画の痛手は大きかったでしょうから、原作ってどんなだろう?って興味を持つ人がいてくれることを願います。
いや、吾郎さん自身もお父さん同様大好きな物語だったことは解るのですが、原作そのままの名前をつけたのは間違いではないか、と思う訳です。そこからインスパイアされた、宮崎吾郎の作った物語だよ、と言ってくれれば、ル・グウィンも騙された感はなかったのでは、と思うのです。
Commented by odin2099 at 2007-06-27 06:34
>ミナさん

こういうものを作るってことは、それだけ必死なのかなぁという感じですね。
今までは出せば好リリースでしたから、もしかすると今回は危機感を募らせているのかも知れません、なんて。

『ゲド』を映画化する前に、何か短編でも作って練習するとか、
或いは『シュナの旅』を映画化したのなら、こうまで色々叩かれなかったとも思います。

そういえばこの本の中に収録されているある人の書いた文章の中に、
「ディズニーで映画化されなくて良かった」という一文があるんですけど、
DVDの発売メーカー(つまりはこの本を出しているところ)はブエナビスタホームエンターテインメント。
ここってウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社、つまりディズニーの子会社なんですよね(苦笑)。
あらあら・・・。
Commented by 小夏 at 2007-06-30 22:50 x
原作未読の方が読んでも、ぶっちゃけ面白くないような、、、気も。(^^;
ただ、(難解だったけど)河合隼雄氏の「ゲド戦記と自己実現」を読むと、映画の理解が深まるかもですね。アレンの「影」の統合シーンとか。
え、かえって混乱する?(笑)
とりあえず、近々時間を見て「ゲド」を再読してみようかと思ってます。
Commented by odin2099 at 2007-06-30 22:57
>千夏さん

お、手厳しいご意見(汗)。
でもそもそも原作とアニメ版は違いすぎるからなぁ・・・(苦笑)。

しかし清水さんも河合さんも、なんか吾朗監督をヨイショしてるのがどうにもこそばゆい・・・。
Commented by niphredil at 2007-07-12 21:30 x
こんばんは。
TBありがとうございました(^^)
このフリーペーパーは確かに読みではあるし、映画だけで原作を判断しないためにもいい企画本だとは思いました。
でも、あくまでも原作のおススメって内容で映画ではない内容なので、DVDの宣伝としてはいかがなものかと…。
Commented by odin2099 at 2007-07-12 23:57
>niphredil様

いらっしゃいませ、有難うございます!

 これを読むと映画を観たくなるのではなく、原作を読みたくなる。
 だからDVDの宣材としてはちょっと・・・
という意見は多いようなんですが、自分もそう思いますね。

となるとこのフリーペーパーで一番得するのは、
ブエナビスタではなくて岩波書店ということに・・・?(笑)
ブログトップ