人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『僕たちの好きな「指輪物語」』

e0033570_19593544.jpg映画『ロード・オブ・ザ・リング』三部作が完結して早4年。すぐにでも前日譚にあたる『ホビットの冒険』映画化でも決まっていれば別だったかも知れませんが、権利関係のゴタゴタや監督人事を巡ってのドロドロとした(?)人間関係のもつれからそれももたつき、実現まではまだまだ掛かる(或いは実現しない)という現状では、もうすっかり過去の作品という感じになってしまっています。
ファンタジー作品の映画化ブームそのものはまだ沈静化の兆しを見せてはいませんが、流石に観客の側は些か食傷気味になってきているのが実情でしょう。

ということで一頃の熱狂振りも影を潜めた今だからこそ、じっくりと原作と向き合いたいと考えている人もいらっしゃるんじゃないかと思いますが、それでもこれだけの分量の作品ですから、挫折する人は後を絶ちません(苦笑)。そんな時にお勧めなのがこの一冊です。

<別冊宝島>には他にも様々な作品のガイド本がありまして、ダイジェストばかりで面白くないとか、記述の間違いが多いとか、作品に対する解釈が一般的でない(?)とか、熱心なファンからは色々と文句も出てきてしまっているのですが、初心者に対する入門書としては一定の水準は充分に満たしているのではないかな、と個人的には思います。細かい話は、先ずこれらの本で作品に親しみ、それじゃあと本格的に本編に挑んでから考えても遅くはないでしょう。



e0033570_2002284.jpg現在は文庫本にもなっているのでもっと手軽に読めるようにはなっていますが、これもブームの副産物か、店頭からは少しずつ姿を消しつつありますね。
映画を観て原作に興味を持ったものの、長大な原作を読むのはちょっと・・・という人ならば、今のうちに手に入れておいても損はないと思います。

ちなみにファンタジー系作品では『私たちの好きなハリー・ポッター』というのも刊行されていますが、こちらは如何せん原作がまだ完結していませんのでちょっと中途半端ですね。
『僕たちの好きな「ナルニア物語」』『僕たちの好きな「ゲド戦記」』であれば、手っ取り早く原作を押さえておきたい人向けだと思います。
by odin2099 | 2007-07-14 20:02 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/6092896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by t2mina at 2007-07-15 00:39
なあるほどね。でも何も知らずにいきなりこれを読んだとしても、端から名前とか忘れていきそう(笑)
Commented by odin2099 at 2007-07-15 10:06
>ミナさん

僕は再読の際、手元に置いて参照してました。
えーと、あれはどうなっていたんだっけ?という具合(笑)。

確かにこれで人名事典と用語辞典が付いてれば完璧ですな。
エアレンディルって何? エレンディルって誰?
・・・と思ったら、すぐに引けると便利ですよねー。
Commented by 小夏 at 2007-07-15 21:45 x
う~ん、確かに原作を読破するのは難儀しますもんねぇ。
実際、私も文庫版中盤くらいで挫折しかけました。ラストを迎えた時は、内容の感動より読み通せた充実感の方が大きかったり。(^^;
これには索引とかもついているのでしょうか。あれば資料として役立ちそうですが。。。
Commented by odin2099 at 2007-07-15 23:44
>千夏さん

僕は最初のホビットの説明の件が辛かったです。
この本は章立てで解説されているんですけど、冒頭部分はカットされ、いきなり「待ちに待った誕生祝い」から始まってますので、その点は安心(笑)。
あと、最初に主要登場人物の紹介ページがあり、各巻毎にキーワード解説も付いているんですけど、索引はないですね。
あれば便利ですけれど、索引だけで相当なページ数になりそうですね。

『指輪~』を先に読んでいたので、後で『ホビットの冒険』を読んだ時は読みやすかったなぁ(爆)。
Commented by crann at 2007-07-23 13:20
こんにちは!
指輪原作は、出だしのホビットについて部分をすっとばして読み始めて大丈夫です。
読後にホビットについてに戻ってもよし、読まなくてもよし。
そうでもしないととっつきわるいんですよね・・・
わたしは活字中毒初期に図書館のおじさんから勧められて読んだので、とにかくむさぼるように読みました(笑)
相方に読ませたときは、ホビットについてをすっとばし、途中まで朗読して「続きは自分で読め」と。
確かにこの解説は便利ですよね。
Commented by odin2099 at 2007-07-24 22:20
crannさん、いらっしゃいませ。
自分も他人にはそう薦めてます。
ある程度ペースを掴んで、読み慣れてからでも遅くはないですよね。
また邪道ですけど、先に映画を観ちゃうというのも手かも。
ただ、出来れば先に小説読んでおいて、その後で映画で追体験する方がベターではありますが。
ブログトップ