人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『シャーロック・ホームズの事件簿』 アーサー・コナン・ドイル

『シャーロック・ホームズの事件簿』<新訳シャーロック・ホームズ全集> アーサー・コナン・ドイル

コナン・ドイルが亡くなる三年前に書かれた最後の作品を含む短編集で、ホームズ全集最後の単行本となったのが、この『シャーロック・ホームズの事件簿』だそうです。

e0033570_5424618.jpg収録されているのは「マザリンの宝石」、「ソア橋の難問」、「這う男」、「サセックスの吸血鬼」、「三人のガリデブ」、「高名な依頼人」、「三破風館」、「白面の兵士」、「ライオンのたてがみ」、「隠居した画材屋」、「ヴェールの下宿人」、「ショスコム荘」の12編。

ホームズ物といえばワトスンの一人称で語られる物語、というのがお決まりのパターンですが、珍しくホームズの一人称で書かれたものや三人称で書かれた作品もあるので、どことなく従来とは雰囲気が違います。ただホームズ物もこれだけ作品があるのだから、たまには目先を変えるのも悪くはないと思いますが、何となく結末もあっさりとしていて盛り上がりに欠ける印象も残るのは、さて文体のせいでしょうか、それともプロットの問題なのでしょうか。

さて、光文社文庫の<新訳シャーロック・ホームズ全集>もこれで8巻目。いよいよ残すところは長編『恐怖の谷』のみです。刊行予定は来年1月。段々と寂しくなってきましたね。
by odin2099 | 2007-10-22 05:43 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/6665065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ