人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『CHISA & MINO 2』 高嶋ちさ子&加羽沢美濃

ヴァイオリニスト高嶋ちさ子とコンポーザー・ピアニスト加羽沢美濃の2枚目のコンビ作。といっても、確かこちらの方を先に聴いたんだと思う。
最初にちさ子さんに興味を持ち、オムニバス・アルバムでコンビの存在を知り、それで「どんなものかな?」と手に取ったはず。

収録曲は下にメモしているが、そのヴァラエティに富んだ収録曲もさることながら、ライナーノーツの面白さに一遍でファンになった次第だ。”chat room!”と題して2人で顔文字多用しながら曲目解説をやっているのだが、ボケとツッコミのはまり具合はさながらお笑いコンビのようだ、と思ったのだが、実際のコンサートでのトークはそれに輪をかけた面白さ。やっぱりこのコンビにはライヴ盤のリリースが不可欠だろう。
『CHISA & MINO 2』 高嶋ちさ子&加羽沢美濃_e0033570_847246.jpg
 <収録曲>
 1.G線上のアリア(J.S.バッハ)  2.夢の中の夜明け(加羽沢美濃)
 3.明日の風に吹かれて(高嶋ちさ子)  4.カタリカタリ(サルヴァトーレ・カルディルロ)
 5.フィドル・ファードル(ルロイ・アンダ-ソン)  6.故郷(岡野貞一)
 7.哀しみのアリオーソ(加羽沢美濃)  8.ねむの木の子守歌(山本正美)
 9.波(A.C.ジョビン)
 10.ミュ-ジック・オブ・ザ・ナイト~「オペラ座の怪人」より(A.ロイド=ウェッバー)
 11.私のお父さん~「ジャンニ・スキッキ」より(プッチーニ)  
 12.白鳥の湖メドレー(チャイコフスキー)
 13.愛の挨拶(エルガー)
by odin2099 | 2007-11-25 08:48 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30