【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『イルカの島』 アーサー・C・クラーク

e0033570_2372629.jpg時代は21世紀。家出少年のジョニーはホヴァーシップに密航するが、事故により船は沈没。ところが彼はイルカたちに助けられ、<イルカ島>と呼ばれる島へと辿り着く。そこは人間とイルカが、意思の疎通を果たしている世界だったのだ。やがてジョニーは、島で研究者たちと暮らすようになり・・・というジュブナイルSF。

イルカが好きで、イルカと友達になりたい、一緒に暮らしたいという夢を一度は持ったことのある人ならば、この物語に引き込まれること間違いなし。
読んでいてジョニー少年の境遇が本当に羨ましく思えたものだ。

最初は表紙のカバー写真に惹かれて手に取ったのが始まりだったが、読んで損はなかった。
[PR]
by odin2099 | 2007-11-29 23:08 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/6867748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

by Excalibur
ブログトップ