人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『ラスカルにあいたい』 ちばかおり

いや、ホントにそう思います。逢えるものなら逢いたいですねぇ。
『ラスカルにあいたい』 ちばかおり_e0033570_6352165.jpg
さてこの本は「世界名作劇場」として放送された『あらいぐまラスカル』の、放送30周年を記念したガイドブックです。そうか、もう30年にもなるのかぁ・・・。

オールカラーで、アニメーションのキャラクターやストーリーの解説、作者であるスターリング・ノースの紹介や原作とアニメとの比較、当時のスタッフのインタビューなどが中心ですが、興味深いのは現地の写真が多数掲載され、劇中場面と照らし合わせることが出来ることでしょうか。これが実にソックリ。それらしい風景を描いておけば、たかが日本製のTVアニメですから作品としては成立したでしょうが、そうはしなかったスタッフたちの努力には頭が下がる思いです。

今なお生き続けるラスカルの人気を思えば、数年前に企画されていた劇場用リメイクの話が流れたのは残念でしたね。おそらく『フランダースの犬』と『母をたずねて三千里』、両方のリメイク作品がヒットしなかったからだと思いますが、中途半端にキャラクターだけを利用して『ぽかぽか森のラスカル』なんぞを作るくらいなら・・・・・・。
Commented by Brian at 2008-02-18 21:21 x
オオーw(*゜o゜*)w
ラスカルだ!
♪ありがとう、僕の友達、ラスカルに会わせてくれ~て~♪
この本、読みたいです。
ほんと、ラスカルに会いたいですよね。
もう、この時点で年齢が・・・。(笑)
その前に「ヤマト」、「マジンガー」、「ライダー」ネタでばれちゃってるか。``r(^^;)ポリポリ
今度、書店で探してみます。
御紹介ありがとうございました。<(_ _)>
Commented by みゆみゆ at 2008-02-18 23:13 x
私もラスカルに会いたいですねー(^-^)

確かハイジも現地の風景を忠実に描いているんですよね。
そういうこだわり(?)とても好きです。
Commented by odin2099 at 2008-02-18 23:17
>Brianさん

実際にアライグマを飼おうとは思いませんが、ラスカルには逢いたいですねー。
ま、アライグマは大きくなるとかなり獰猛になるそうなので、飼うのは難しいらしいです。
この本にも載っているのですが、飼育が難しくて手放してしまう人も多いのだとか。
やっぱりアニメの中で楽しむのが無難ですかね。
Commented by odin2099 at 2008-02-18 23:23
>みゆみゆさん

『ハイジ』以降のこの枠の作品は、殆ど現地にロケハンに行ってるはずです。
なので本国でも評価されてる作品が多いみたいですね。
やっぱり子ども向けに手抜きはいけません。
子ども相手だからこそ、本気で取り組まねばね。

もちろん、物語の当時とは全く変ってしまったり、イメージとそぐわなくてアレンジしちゃったりということもあるようですが、その程度は許されるでしょう。”絵”なのですから。
by odin2099 | 2008-02-18 06:39 | | Trackback | Comments(4)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30