人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『アクロイド殺し』 アガサ・クリスティー

e0033570_23124997.jpgイギリスの田舎の村で、資産家の未亡人が亡くなったことからこの物語の幕は上がります。ジェームズ・シェパード医師は友人であり、村の名士でもあるロジャー・アクロイドから深刻な悩み事があると呼び出されるのですが、シェパードがが帰宅した後にそのロジャーは何者かに刺殺され、義子のラルフ・ペイトンは行方不明になるという事件が起きてしまうのです。警察はラルフを容疑者と判断するのですが、ロジャーの姪でラルフの婚約者であるフローラはラルフの無実を信じ、最近村へ越してきた風変わりな外国人に真実を知りたいと助けを求めるのでした。その外国人こそ、誰あろう、今は引退して静かに暮らしていた名探偵ポワロその人なのでした。ポワロはシェパードを助手にして、真相の解明に乗り出します。

アガサ・クリスティーの最高傑作などと呼ばれている作品なのですが・・・・・・。
困りましたね。これでは感想が書けませんねぇ。何を書いてもネタバレ、犯人バレになってしまいそうです。
強いてあげれば、犯人が殺害に至るまでの動機が弱いかなぁということぐらいでしょうか。最後まで読んだ時には「やられた」と思いました。「フェアかアンフェアか」で論争が巻き起こったというのも頷ける話です。
どうでしょう?自分はやっぱり構成としてはアンフェアだなぁと思うのですが、それでも面白いことには変りありませんね。こういう作品の存在自体に対しては「肯定派」です。
by odin2099 | 2008-03-07 23:14 | | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/7457683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2013-05-01 19:02
タイトル : 『アクロイド殺人事件』
死を選んだ未亡人。 彼女と再婚の噂があった男の刺殺体。 『からまつ荘』の外国人の男。 アガサ・クリスティ著『アクロイド殺人事件』... more
ブログトップ