人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ファンタジーミュージカル 『霧のむこうのふしぎな町』

久しぶりに小説を読み返したのは、それを原作にしたミュージカルを観に行くことになっていたからです。

ファンタジーミュージカル 『霧のむこうのふしぎな町』_e0033570_13315583.jpgということで昨日行ってきました、六本木の俳優座劇場へ。
イッツフォーリーズの公演です。
職場に廻ってきた「おんきょう」のチケット案内で今回の公演を知り、「へぇー、あの作品をミュージカルにしちゃうんだぁー?」と驚いたものですが、実は今回は再演だったのですね。
初演は2005年で、以後全国各地で演じられてきたようです。
全然知りませんでした…。

さてお話は、いきなりピコットばあさんが手紙を受け取るところから始まります。
差出人はリナちゃんのお父さん。
そう、このミュージカル版では、ばあさんがリナちゃんを待ち構えているのが最初のシーンなのです。

コックのジョンはジョジョという女性に変えられているし、瀬戸物屋のシッカさんも女性になっているし、お菓子屋のトケさんも猫のジェントルマンも虎のタマも出てこないし、他にも省略されてしまったエピソードがある反面、おうむのバカメが旅立ってしまうエピソードや、張り切り過ぎたリナが大切なストーブを壊してしまうエピソードが付け加えられたり…ということで全体的には随分とイメージが違うなぁというのが感想でした。
それに子どもが対象ということだからでしょうが、演出も過剰な感じで最初のうちはなかなか付いていけなかったのですが、途中からは段々と楽しくなってきましたね。
ピエロの傘を擬人化させて、ダンスとマイムだけで感情を表現し、一種の狂言回しの役どころを充てたのもアイディアだと思いました。

脚本・作詞は高橋亜子、音楽・酒井義久、演出・河田園子。
出演は王子菜摘子、井上一馬、斉藤譲、茂木沙月、米谷美穂、勝部祐子、森隆二、今宮多力香、浅川仁志、大塚庸介、藤森裕美、明羽美姫ら。
ピコットばあさんは、なんと男性が演じています。

終演後、ロビーや出入り口で出演者たちが扮装のまま、送り出してくれるのもアットホームな感じで好感が持てました。
次回も機会があれば、また鑑賞したいものです。
by odin2099 | 2008-03-30 13:32 | 演劇 | Trackback | Comments(0)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31