人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『奥村愛 ヴァイオリン・コンサート』

今日は横浜は関内ホールへとやってきました。
ウチからはちと遠いんですが(スムーズに電車を乗り継いでも1時間半近く掛かる)、まぁ彼女のためなら・・・(笑)。
e0033570_20173189.jpg
今回のコンサートは”CD「ポエジー」発売記念”という冠が付いているんですけど、CD出たのっていつだ?(爆)
ざっと5ヶ月は前なので、ちょっとタイミング外しすぎですけど、ま、いいか。
共演のピアニストは加藤昌則。

e0033570_20182076.jpgプログラム前半の曲は、ヨハン・シュトラウスII世の「こうもり『序曲』」に始まり、ショーソンの「詩曲」、サンサーンスの「ハバネラ ホ長調 作品83」、マスネ「タイスの瞑想曲」、そしてモンティの「チャルダーシュ」。
「タイスの瞑想曲」や「チャルダーシュ」は定番曲ですけど、ショーソンって誰?
・・・と思って調べてみたら、マスネのお弟子さんでした。代表曲はこの「ポエム」(と彼女は曲紹介していましたね)だそうですが、日本じゃあまり知られていない作曲家らしい。こういう曲が入っていると、なんだか得した気分になります。

後半は、彼女のコンサートではお馴染みのエルガー「愛の挨拶」から。これは彼女のテーマ曲ですね。
続いて加古隆「ポエジー」、ジョップリン「エンターテイナー」、クロール「バンジョーとフィドル」と来て、最後はピアソラを2曲。「タンティ・アンニ・プリマ」と「ル・グラン・タンゴ」で、「リベル・タンゴ」以外にも格好良い曲が沢山あるんだなぁと再認識。遅いですか?(汗)

アンコールは加古隆の「黄昏のワルツ」。
その後、最後アンコールに応えてソロで一曲披露してくれましたが(「シェトランド・エア」)、これはもしかすると予定外だったのかな、という雰囲気でしたが、さて・・・?

そういえば全体的に、いつもの演奏とは雰囲気が違う気がしました。ピアノの入り方もちょっと変っている箇所があったり、演奏にタメがあったり。これもライヴならではですね。
トークもかなりスムーズで(後半での、二人のトークの噛み合わなさも含めて)、一番最初にコンサートに行った頃(もう4年も前です)のぎこちなさは最早ありません。
それに毎度のことながら、写真で見るより実物の方が遥かに綺麗ですねぇ。
本人も「写真が苦手」というようなことをどこかで言っていましたが、CDのジャケットやパブリシティ用の写真はちょっと勿体無いです。
e0033570_20174977.jpg

by odin2099 | 2008-08-24 20:19 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/8513104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
ブログトップ