人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『カルメン幻想曲』 松田理奈

『カルメン幻想曲』 松田理奈_e0033570_227305.jpgほとばしる情熱、卓越した技巧。松田理奈、待望の第2弾!!」と帯にありますが、ヴァイオリニスト松田理奈のデビュー2枚目のアルバムです。
すっかり彼女もクラシック界のアイドル扱いですね。

収録曲は、グルックの「メロディ」、サラサーテの「カルメン幻想曲」(表題曲ですな)、マスネ「タイスの瞑想曲」、カッチーニ「アヴェ・マリア」、サン=サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」、シューマン「トロイメライ」、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」、チャイコフスキー「アンダンテ・カンタービレ」、そしてラヴェルの「ツィガーヌ」の計9曲。
一曲目が表題曲じゃないというのも面白いというか、奥ゆかしい(?)というか。

自分にとっては彼女のセカンド・アルバムだってことだけでOKだし、しかもカッチーニの「アヴェ・マリア」にラフマニノフの「ヴォカリーズ」が収録されてるとあれば文句なしなのだけれども、それだけじゃマズイか(苦笑)。

世界的なピアニストのパーヴェル・ギリロフとの共演(といっても実は良く知りません・・・)もセールス・ポイントでしょうが、DVDも付いているとなれば、これは「買い」でしょう♪
Tracked from MusicArena at 2009-08-19 13:05
タイトル : Carmen@Lina Matsuda
普段は高価な国内盤を聴くことはまずない。そのため日本国内や日本人演奏家、特に若いソリスト達の趨勢にはかなり疎いのだ。そこで、店頭で目立つように陳列してあったソリストの国内版を数枚買ってきた。 まず初めは、松田理奈という20代のヴァイオリニストの二枚目のアルバムでCarmenと題されたコンピレーション盤だ。ちょうど一年ほど前のリリースになる。 http://www.hmv.co.jp/product/detail/2761985 DVD付きはこちら↓ メロディ (グ...... more
Commented by primex64 at 2009-08-31 20:26
TBをありがとうございました。日本国内では昨今は若手Vn奏者がいっぱい出てきて活況を呈していますよね。更なる活躍を期待したいところですねw
Commented by odin2099 at 2009-08-31 22:31
こちらこそ有難うございました。

最近、若手のデビューが多いですね。
玉石混交は困りものですが、色々な人にチャンスがあるのは良いことだと思ってます。

まぁ、こちとらルックスだけで追いかけてるようなミーハーなファンですが・・・(苦笑)。
by odin2099 | 2008-10-21 22:09 | 音楽 | Trackback(1) | Comments(2)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30