人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『螺鈿迷宮』 海堂尊

『螺鈿迷宮』 海堂尊_e0033570_17101867.jpg東城医大の落ちこぼれ医学生・天馬大吉は、ある日幼馴染みの新聞記者・別宮葉子から、碧翠院桜宮病院への潜入取材を依頼される。桜宮病院は宗教法人と老人介護センター、それにホスピス施設を一体化した複合型病院施設であり、地域の終末期医療を担う施設としてマスコミに取り上げられたこともあったが、どうも胡散臭い噂も流れているらしい。
渋々ながら介護ボランティアとして病院へと通い始めた天馬だったが、そこに現れた姫宮というドジな看護師のせいで骨折、一転して入院患者となってしまった。更にそこへ白鳥と名乗る怪しげな医者まで現れて・・・。
だがそんな中で天馬は、立て続けに患者が亡くなることに大きな疑念を抱いていた。

海堂尊が、桜宮市という架空の街を舞台に描いている”メディカル・エンターテインメント”の一冊。
刊行順では『チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』に続く三冊目ということになるが、時系列的には続く『ジェネラル・ルージュの凱旋』よりも後になる。
東城医大病院にバチスタ・スキャンダルが巻き起こってから一年半後、今回白鳥が乗り込んでくるのは東城医大のサテライト病院としての位置付けを持つ桜宮病院。この病院の名前は『ナイチンゲール~』や『ジェネラル・ルージュ~』でも何度か取り沙汰されているが、今度は病院内部から東城医大との関係も含めて、医療界の暗部が抉り出されるという趣向。
ちなみに看護師として潜入捜査することになった白鳥の部下・”氷姫”こと姫宮が、その実戦経験をつむために東城医大病院に派遣される件は『ジェネラル~』にある。
田口・白鳥コンビではないのと(田口はちょこっとだけ顔見世出演)、出版社が別なのでシリーズ外作品ということになるのだろうけれども、それぞれの作品は密接に絡みあっているので、事前に読んでいたほうが面白みが増す。

今回も一筋縄では行かない個性的なキャラクターが目白押し。あの白鳥が圧倒される人物も含めて、そのキャラクター作りの才、読み出したら止められない”ジェット・コースター・ノベル”を生み出している筆運びの妙、そして面白くもまた色々と考えさせられる内容になっているストーリーテリングぶりには敬服させられる。
今回はちょっとしたホラー風味の味付けがなされているように思えたが、著者の引き出しの多さを感じさせてくれるのもマルだろう。
Tracked from Akira's VOICE at 2008-11-02 17:41
タイトル : 螺鈿迷宮
海堂尊 著 ... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2008-11-02 19:45
タイトル : 「螺鈿迷宮」海堂尊
終末期医療の先端施設として注目を集めながら 怪しい噂が絶えない碧翠院桜宮病院。 医療ボランティアの医学生が見た現実の恐怖。 海堂尊「螺鈿迷宮」... more
Tracked from ここから at 2008-11-02 21:00
タイトル : 螺鈿迷宮/海堂尊
私の読書のペースを決める大きな要素のひとつは、今年も引き続き「図書館の都合」。 花侍さんやyuriさんからお借りした本や、すぐにも読むつもりで買った森見さんの本を前にヨダレを垂らしている状況だというのに(ちょっとぉ!汚いわよっ!)、今年になってまず読んだのは、「この本は後に予約の方が続いています。貸出延長はできません」の栞入りで回ってきたこの本でした。 文中、カーソルonでネタバレです螺鈿迷宮/海堂尊(角川書店) 最近はもうすっかり慣れましたが、画像をもらうついでにAmazonのアマ...... more
Tracked from 本のある生活 at 2008-11-02 22:10
タイトル : 「螺鈿迷宮」海堂尊
螺鈿迷宮 おもしろかったです。でも、私の中では「チームバチスタの栄光」の印象があまりに強かったせいか、それと比べるとパワーダウンしている気がしてしまいます。というより、白鳥さんのバチスタの時のような強烈さ、そしてアクティブフェーズを期待しすぎていたのか....... more
Tracked from まったり読書日記 at 2008-11-02 23:03
タイトル : 螺鈿迷宮 〔海堂尊〕
螺鈿迷宮海堂 尊角川書店 2006-11-30売り上げランキング : 14064おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。 東城大学の医学生・天馬は、留年を繰り返し医学の道をリタイア寸前だった。 ある日、幼な....... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2008-11-04 11:11
タイトル : 【本】螺鈿迷宮
         『螺鈿迷宮』       海堂尊       角川書店【comment】最近お気に入りの海堂 尊氏の作品を 『チーム・バチスタ〜』⇒『ナイチンゲール〜』⇒『ジェネラル・ルージュ〜』そして『螺鈿迷宮』の順に読んだ。これは出版順とは異なるが、この順番で読んだ事は良かった気がする。『螺鈿迷宮』は、『バチスタ』から1年半後、『ジェネラル』の後の物語であるので、すんなりと受け入れられたのだ。で・・・とても面白い大満足の作品だったまもなく『チーム・バチスタ〜』の映画が公開されるようだが、あの物語...... more
Tracked from みゆみゆの徒然日記 at 2008-11-30 19:32
タイトル : 『螺鈿迷宮』
海堂尊/著  つい最近文庫化されたので、文庫版で読みました。一連の桜宮サーガの作品です。『ナイチンゲールの沈黙』と『ジェネラル・ルージュの凱旋』を読んでから読むとより面白いでしょう。今までの作品に度々名前が出てきた「碧翠院桜宮病院」というホスピスから寺院までを併設している終末医療施設が舞台。その桜宮病院へ、同級生である記者別宮に依頼されて東城医大の学生天馬が潜入する。  『ナイチンゲール〜』でも怪しいなと感じた桜宮病院ですが、やはり怪しいですね。。そこに『ジェネラル〜』では桜宮病院潜入のために研修...... more
Tracked from ご本といえばblog at 2010-11-09 10:48
タイトル : 海堂尊「螺鈿迷宮」
海堂尊著 「螺鈿迷宮」を読む。 このフレーズにシビれた。  おい、そこのできそこないの医学生、これが最後だから、耳をかっぽじってよく聞けよ。死を学べ。死体の声に耳を澄ませ。ひとりひとりの患者の死に、きちんと向き合い続けてさえいれば、いつか必ず立派な医者になる...... more
Commented by 由香 at 2008-11-04 11:18 x
こんにちは!
この作品は苦手、、、と仰る方も多かったと記憶していますが、エクスカリバーさんは堪能されたようで良かったです♪
私も『キャラクター作りの才、読み出したら止められない”ジェット・コースター・ノベル”を生み出している筆運びの妙、そして面白くもまた色々と考えさせられる内容になっているストーリーテリングぶりには敬服させられる』に全く同感です!!
次回作のブラックぺアンは、高階院長がペーペーの時代の話です(笑)すっごく面白いので是非!!
Commented by odin2099 at 2008-11-04 21:26
いらっしゃいませ!
何度も読みたいとは思わなかったですが(苦笑)、案外サクサクと読み進められました。
web上の感想を読むと、賛否両論とまで行かないまでも否定的な声も少なくないようですね。

そうそう、既に『ブラックペアン1988』を読み始めてるんですが、ヘンなヤツが出てきたので「誰だコイツは?」と思ってたら高階センセイでビックリでした(爆)。
Commented by みゆみゆ at 2008-11-30 19:36 x
文庫で読みました。
『ジェネラル~』を読んでから読むと面白かったです。
続き(?)も気になります。
Commented by odin2099 at 2008-11-30 21:36
文庫本、上下二巻に分冊するほどの量じゃないと思ったけどねー(苦笑)。

読みかけの本が沢山あって、なかなか次へと進めません。
このままじゃ、みゆみゆさんに追い越されるなぁ・・・(汗)。
Commented by Yuhi at 2009-02-02 00:14 x
こんばんは!TBありがとうございました~。

「ジェネラル・ルージュ~」を先に読もうと思っていたのですが、こちらが先になってしまいました。でも、本の発売順では、これで合ってたんですね~。

「ナイチンゲール~」が微妙だったので、あまり期待せずに読みましたが、こちらはなかなか面白かったです。ミステリーとしては、荒唐無稽な所もありますが、ホラーっぽい所とか、魅力あるキャラクターが登場して、新たな楽しみが増えた感じですね。

次は予定通り「ジェネラル~」を読むつもりですが、今から楽しみです!
Commented by odin2099 at 2009-02-02 21:27
Yuhiさん、こんばんは♪

刊行順では確かにその通りなのですが、時系列的には『ジェネラル~』が先になります。
なにせ『ナイチンゲール~』と同時進行ですから。
また『ジェネラル~』の段階で、白鳥が次の準備を進めていたことがわかりますが、これは読んでのお楽しみでしょう。
感想、楽しみに待ってまーす。
by odin2099 | 2008-11-02 17:11 | | Trackback(8) | Comments(6)

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”


by Excalibur
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30