人気ブログランキング |

【徒然なるままに・・・】

odin2099.exblog.jp

「きのふの是はけふの非なるわが瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん」(森鴎外『舞姫』) HNは”Excalibur(エクスカリバー)”

『空の中』 有川浩

『空の中』 有川浩_e0033570_21492580.jpg200X年、日本における数十年ぶりの国産輸送機開発プロジェクトが立ち上がったが、実験中にテスト機は原因不明の爆発事故を起こしてしまう。更に数週間後、同じ空域で今度は自衛隊機が謎の爆発。調査が進められるものの、その原因は杳として知れなかった。
その頃、海岸で少年は不思議な生物らしきものを見つけ、幼馴染みの少女と一緒に家へと持ち帰っていた。
また調査に派遣されてきた航空機メーカーの担当者と、事故の生き残りである自衛隊機のパイロットの二人は、飛行中に現場空域で謎の存在と接触する。はたしてその正体は・・・?!

地球外ならぬ、<地球内知的生命体>とのファースト・コンタクト・テーマのSF作品ということになるだろうか。作中でも、『ウルトラマン』のスカイドンや『ウルトラQ』のバルンガが引き合いに出されているが、立派な”怪獣モノ”でもある(そういや、シチュエーションだけなら『ウルトラマンティガ』にも似たようなエピソードがあったような)。
併せて、事故の遺族で且つ第一発見者でもある少年と少女の高校生カップルと、調査に乗り出すやや大人のカップル、この二組の、不器用な歩み寄りを描いた”青春恋愛モノ”の要素もある。
彼らと彼らを取り巻く人々の造型が秀逸で、地に足を突いた物語を紡ぎ出し、絵空事に終らせていないのだ。

緊迫感と、どこか仄々とした長閑さが共存している稀有な作品で、懐かしいような新しいような、不思議な味わいのある一篇。
こういった作品を大々的に金を掛け照れずに映画化出来たなら、日本映画界もまだまだ捨てたもんじゃないと思うが、どこかに志の高い製作者はいないものだろうか。
by odin2099 | 2008-12-15 21:58 | | Trackback(14) | Comments(6)
トラックバックURL : https://odin2099.exblog.jp/tb/9215672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 蒼のほとりで書に溺れ。 at 2008-12-15 23:11
タイトル : 有川浩『空の中』 ◎
水無月・Rは、自己紹介にも書いたが、父・自分・夫の転勤により全国を転々としている。様々な土地に住んだが、少女時代最も影響を受けた土地は「高知県」である。3年半しか住んでいなかったのだが・・・。高知出身の女性作家が肌に合う。有川浩しかり、倉橋由美子しかり。... more
Tracked from 粋な提案 at 2008-12-16 02:44
タイトル : 空の中 有川浩
装丁・デザインは鎌部善彦。 四国沖の上空、高度2万メートルで続けて起きた航空機事故。 2件目は自衛隊の演習機。 原因究明のため同じ空域に向かった、 事故を免(まぬが)れた武田光稀三尉と日本航空機成..... more
Tracked from モコモコ雲を探しに♪ at 2008-12-16 09:21
タイトル : 「空の中」(有川浩)
{{{       空の中           有川浩   メディアワークス         }}} 本書は、主要登場人物に自衛隊員が関わっている'''自衛隊三部作'''のうちの一冊。 [http://blogs.yahoo.co.jp/konpeitou_06/41302196.html/ 「塩の街」]が'''陸上自衛隊'''、本書が''&#0...... more
Tracked from まったり読書日記 at 2008-12-16 21:33
タイトル : 空の中 〔有川 浩〕
空の中有川 浩メディアワークス 2004-10-30売り上げランキング : 15409おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。 「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。 「お前を事....... more
Tracked from ナナメモ at 2008-12-16 21:57
タイトル : 「空の中」有川浩
空の中 (角川文庫 あ 48-1) 有川 浩 JUGEMテーマ:読書 200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。「お前を事故空域に連れて行く。話は現場を見てからだ」―秘密を探す大人たち。秘密に関わるすべての人が集ったその場所で、最後に救われるのは誰か。 ずっととっておいた「空」です。文庫には書下ろしがついてるって聞いて予約を入れたのが8月1日。やっと手元に届きました。 父親を亡くした高校生の瞬と幼なじ...... more
Tracked from マロンカフェ 〜のんびり.. at 2008-12-17 17:17
タイトル : 有川浩  空の中
空の中 有川 浩 四国沖の上空で立て続けに2件の航空機事故が発生した。しかも2件目は航空自衛隊の演習中の航空機だった。事故原因を究明するため、事故調査員の春名と自衛隊機事故の生き残り光稀は事故空域に再び向かう。そして、上空2万メートルの所にそれはいた・・・ 実は、怪獣と自衛隊がドンパチする話と聞いていたので、ちょっとこの本を(海の底も)避けていたんですが、強烈な吸引力があってとても面白かったです。読んでよかった!図書館シリーズが楽しめた人ならこの本も楽しめると思います。 ちょっと人...... more
Tracked from Bookworm at 2009-01-11 10:32
タイトル : 空の中(有川浩)
うがー。あいかわらず私のツボ押しまくりだよーぅっ!>著者様 特に今回は泣きのツボ。... more
Tracked from たいむのひとりごと at 2010-02-09 16:56
タイトル : 『空の中』 有川 浩 〔著〕
先月文庫本が発売された『空の中』だが、私は単行本で読書。文庫の方が手軽で良いのだが、他の有川作品の全てを単行本で揃えてしまっているから、コレだけ文庫というもの収まりが悪い。しかし、これが拙かった。単行... more
Tracked from ◆小耳書房◆ at 2010-02-27 22:58
タイトル : 空の中/有川浩
経産省の鳴り物入りで民間企業と力を合わせて開発してきた超高速航空機の演習中に、高高度の領域で立て続けに事故が起きた。 事故調査委員として自衛隊岐阜を訪問した春名は、二度目の事故の生き残りである武田三尉に合うが、女性ながらもパイロットをしている彼女は、それに対する僻みも伴って、事故の真相について語ろうとはしなかったが…。 そんな突然の事故で唯一の肉親である父を失った瞬だか、その日四国の海辺でひろったくらげのような生き物を、隣に住む佳江とともに連れ帰る。 繋がらないはずの父の携帯番号にかけると、どう...... more
Tracked from miyukichin’m.. at 2010-03-16 20:10
タイトル : 空の中/有川 浩 [Book]
 有川 浩:著 『空の中』  空の中メディアワークスこのアイテムの詳細を見る  200X年に起こった、2度の航空機事故。  その原因となった、謎の物体。  さらに、父を事故で亡くした瞬が  「フェイク」と出会い――。  途中までは、しんどいところもあったんですが、  (航空描写とかは、ちょっと苦手^^;;)  頑張って読んだ甲斐があった、って  最後には思えます。  有川さんファンなら、もう間違いなく^^  「間違い」を一度起こしてしまったら、  二度三度塗り固めるうちに、回り回って  いつか正...... more
Tracked from みゆみゆの徒然日記 at 2010-08-22 14:07
タイトル : 『空の中』
有川浩/著  事情により、ずっとしまいこんでいた積読本たちをダンボールの中からやっと救出したのがこの前の連休。その中から、先日読んだ『海の底』と同じく自衛隊三部作の『空の中』を読みました。『海の底』は海自でしたが、こちらは空自のお話。『海の底』もありえない生物が出てきましたけれど、戦闘の描写もあって結構リアルだったのに対し、こちらは白鯨という存在が不思議だし、やりとりなんかもファンタジー物なのかな。自衛隊らしさ(?)だったら『海の底』の方が楽しめるのかもしれないけれど。(『海の底』を先に読んでしまっ...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2010-10-15 21:02
タイトル : 本 「空の中」
「図書館戦争」の有川浩さん作品です。 実は「図書館戦争」を読んだ頃からなんですが... more
Tracked from 日々のつぶやき at 2010-10-16 10:48
タイトル : 「空の中」有川浩
「国産輸送機プロジェクトの最終局面を迎え、テスト飛行のスワローテイルが高度2万メートル地点で爆破事故を起こした。続きF15Jも同じ地点で事故を。 生き残った飛行士武田三尉に事故の事情聴取をするよう命令を受けやってきたスワローテイルを製造した民間会社の春名高... more
Tracked from SOARのパストラーレ♪ at 2010-10-16 20:41
タイトル : (本)『空の中』・・・作者についての大いなる勘違い(^^ゞ
一ヶ月ほど前だったか、書店で平積みされている本書の表紙に目が留まり思わず手に取った。雲上を右旋回する飛行機のコックピットから前方を見据えたかのような写真。左端にはHUDの高度表示部をイメージしたALTゲージがデザインされていて、そこに示される高度は57,460フィート。 メートルにすると1万7・8千(3で割ってからちょっと引くという暗算の苦手な私が学生時代にあみ出した超どんぶり換算!)で、これは一般的な戦闘機の実用上昇限度並みの高々度である。そして巻かれた帯には『高度二万メートル そこに...... more
Commented by samurai-kyousuke at 2008-12-18 16:20
私も文庫化を待ちこがれて読みました。楽しめましたね〜。
映画になった時の配役なんか勝手に考えてしまいました。(笑)
「海の底」もはやく文庫になって欲しいです。
Commented by odin2099 at 2008-12-18 20:21
高校生チームのキャスティングはちょっと難しそうですね(苦笑)。
女性パイロットの方は、読んでるときは『千里眼』の時の水野美紀や、『ゴジラ×メカゴジラ』の釈由美子が浮かんだんですが。読み終わった後で何となく思いついたのは黒木メイサ・・・。

『海の底』も近々読みたいなと思ってます。
そういや、この作品をベースに「ゴジラ」の新作を、という噂が飛び交っていたことがありましたっけ。
Commented by 小夏 at 2008-12-20 18:46 x
有川浩さん、今一番気になってる作家です。
が、一作も読んでません。(爆)
なんか『図書館~』シリーズの大々的ヒットで逆に敷居が高くなったというか。
この方の作品は基本的に単発モノなんでしょうかね?今、積読本がやたら増えているので、
シリーズ物だとちょっと手を出しにくい・・・(^^;
Commented by odin2099 at 2008-12-20 21:32
最初は男性だと思ってました、この人(苦笑)。
この作品読んだ後でも、あんまり女性作家らしくないなぁ、なんて思ったりして。
詳しくは知りませんが、シリーズと呼べるのは『図書館戦争』シリーズだけみたいですね。
もっとも短編集の『クジラの彼』には、この作品や『海の底』の外伝が収録されているようですけど。
ハードカバーが殆どなのでなかなか手が出せないけど、色々と読んでみたい作家の一人ではありますね。
とりあえず今は『海の底』が待機中。
・・・といっても、出番はいつになることやら・・・。
Commented by みゆみゆ at 2010-08-22 14:47 x
こんにちは!TBありがとうございました!

映像化といえば、有川作品が映画やドラマ化されますね~。こちらとか『海の底』も見てみたいな・・・と私も思いました。
難しそうですが(^^;
Commented by odin2099 at 2010-08-22 19:35
『阪急電車』と『フリーター、家を買う。』ですね。
どっちも読んだことがないけど(苦笑)。
一応文庫化されたので『阪急電車』は買ってきましたが。

でも『空の中』とか『海の底』とか、そういった作品にもチャレンジして欲しいですねー。
『海の底』は以前、映画化の噂だけは流れたことがあるんですけどね(真偽のほどは不明ですが)。
「ゴジラ」シリーズの一本として翻案するとかいう与太話もあったような・・・?
ブログトップ